ピルの値段を比較しています。人気ランキングやおすすめポイントを参考にピルをお得に購入しましょう。

避妊薬ランキング

ピルと値段

電卓と女性 ピルは女性の味方となる薬です。避妊なしの性行為や避妊の失敗により望まない妊娠をしてしまうのは女性です。最悪の場合中絶手術をすることもあり、女性の負担は計り知れません。

ピルを選ぶ際の大事なポイントは、自分の目的に合ったピルを探すことですが、値段も大きく影響してくるはずです。目的に合っていても値段が高すぎると経済的な負担となり、継続できなくなるケースもあるからです。特に緊急避妊薬アイピル(アフターピル)などのような一度の服用で済むものとは違い、低用量ピルは継続的な常用が必要になります。低用量ピルには常用のメリットがあるのです。よって、継続を続けていけばいくほどお金もかかってきます。

気になるピルの値段ですが、1シート1,000円以下のものから3,000円以上するものまであります。ピルは種類や使用目的によって値段は異なります。また、ピルは病院か通販(個人輸入)で購入することができますが、病院で購入するか?通販で購入するか?といった購入先が違っても値段がかなり変わってきます。

病院の場合はほとんど自由診療なので、基本的に全額自己負担です。そのため病院によって値段が異なります。通販の場合は輸入を代行してくれる業者によって値段に差があります。

病院と通販を比べると、種類によって通販は病院のおよそ1/2の値段で買うことが可能です。加えて病院に行けばピル代+初診料・再診料・指導料・検査料・処方箋料などが追加されることになります。病院までの交通費も必要となり、何より時間と手間がかかります。

賢く出費を抑えることができれば、余ったお金で洋服を買ったりネイルに行ったり美容室に行ったり自分に投資することもできます。

ピルを選ぶ参考に、以下の「おすすめ!ピル人気ランキング」「値段を比較!病院と通販」「ピルの通販」をチェックしてみてください。値段の違いがわかるはずです。おすすめのポイントや特徴とともに、自分の目的に合ったピルの種類を探し、せっかくなら少しでも安い値段でお得に購入してください。


おすすめ!ピル人気ランキング

1位 トリキュラー

トリキュラー オススメ度★★★★★
国内シェアNO1のピルであるトリキュラー。お求めやすい値段で避妊率99%以上の効果と高いコストパフォーマンスが人気の秘密です。3相性ピルのため、より自然な女性のホルモンバランスに近づけることができ不正出血が起こりにくくなってます。7日間休薬期間に偽薬を飲むトリキュラー28と7日間休薬するトリキュラー21の2タイプがあります。

価格1箱960円~
数量28錠

2位 マーべロン

マーべロン オススメ度★★★★★
マーベロンは避妊率99%以上で、生理初日から飲み始めるとその日から避妊効果があります。1相性ピルのため飲み間違いの心配がありません。7日間休薬期間に偽薬を飲むマーベロン28と7日間休薬するマーベロン21のタイプがあります。子宮内膜の環境を整え生理痛や不正出血などにも効果を発揮し卵巣の病気や子宮内膜症の予防にもなります。

価格1箱1040円~
数量21錠/28錠

3位 アイピル

アイピル オススメ度★★★★
アイピルは緊急避妊薬で、他の低用量ピルとは違うタイプです。性行為後に一回の服用で妊娠を回避できるのが最大のメリットです。避妊に失敗してしまった時のために常備する女性が増えています。性交後72時間以内の服用で避妊効果がありますが、避妊失敗後早い段階で服用した方がより効果が望めます。WHO(世界保健機関)の必須医薬品として指定されているので、信憑性や安全性も国際的に認められています。

価格1箱810円~
数量1錠

4位 ダイアン35

ダイアン35 オススメ度★★★★
ダイアン35は避妊だけでなく男性ホルモンを抑制する効果があるのでニキビやムダ毛の改善に期待できます。男性の性同一性障害の治療に使われることもあり、本来は女性用のピルを男性の女性化目的として使用することもできます(男性機能の回復はありません)。女性らしい丸みを帯びた体つきになるため女性もバストアップ効果が期待できます。

価格1箱1200円~
数量21錠

5位 ヤーズ

ヤーズ オススメ度★★★★
日本では生理痛などの月経困難症を緩和する目的として処方されているヤーズですが、海外では避妊目的でも処方され効果もあります。卵胞ホルモンをギリギリまで抑えている第4世代の超低用量ピルのため副作用がほとんど見られません。休薬期間中のホルモン変動を減らすため、他のピルと違い24日服用し4日間偽薬で休薬するサイクルとなります。

価格1箱2160円~
数量28錠

6位 ヤスミン

ヤスミン オススメ度★★★★
第4世代の超低用量ピルとして最近人気のあるヤスミン。FDA(アメリカ食品医療品局)の認可も受けていて、副作用が出にくいのが特徴です。1相性ピルのため飲み間違う心配がありません。99%以上の高い避妊率はもちろん、黄体ホルモンの利尿作用によって顔や体のむくみが改善されホルモンバランスが原因で起こる体重増加がかなり減少します。

価格1箱1943円~
数量21錠


値段を比較!病院と通販

次に、ピルの値段を病院と通販で比較してみます。病院も通販もそれぞれ値段がまちまちですが、通販の方が安い値段で購入できるのがほとんどです。病院の値段は診察料・処方箋料などを除いたピルだけの金額です。参考にしてみてください。また、値段とともにそれぞれのピルの特徴も理解し、目的や自分の体に合ったピルを選択してください。

トリキュラー

トリキュラーは、通販の最安値が1シート960円と1,000円以下購入するができます。960円で購入することができれば、1シート21日分で1日あたり約45円です。
病院の値段比較(1シート)
A病院 1,800円
B病院 2,080円
C病院 2,948円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 960円
Bサイト 1,080円
Cサイト 1,200円

マーベロン

マーベロンは、値段もそれほど高くなく購入しやすくなっています。病院処方だと3,000円超えてしまうこともありますが、通販ではほぼ1,000円程度で買えるところが多いです。
病院の値段比較(1シート)
A病院 2,100円
B病院 2,700円
C病院 3,024円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 1,040円
Bサイト 1,170円
Cサイト 1,300円

ダイアン35

ダイアン35は、通販で購入する場合はサイト比較してもそれほど差はありませんが、病院処方より最大で1/3以下で購入することができ、通販がお得であることがわかります。
病院の値段比較(1シート)
A病院3 2,080円
B病院 2,290円
C病院 4,320円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 1,200円
Bサイト 1,350円
Cサイト 1,500円

ヤスミン

ヤスミンは、ヤーズ同様第4世代ピルで元々高めですが、通販よりもさらに病院での値段が高い設定になっています。一目瞭然で通販の方がかなりお得です。
病院の値段比較(1シート)
A病院 2,894円
B病院 4,320円
C病院 5,500円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 1,943円
Bサイト 2,000円
Cサイト 2,430円

ヤーズ

ヤーズの値段は今まで紹介した低用量ピルと比較するとやや高くなっています。第4世代のピルはまだ新しいので値段は高めに設定されているところが多いようです。
病院の値段比較(1シート)
A病院 2,700円
B病院 3,380円
C病院 4,320円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 2,160円
Bサイト 2,430円
Cサイト 2,800円

アイピル

緊急避妊薬として人気のアイピルは、通販最安値であればかなりお求めやすい値段になっています。通販と病院の値段比較をするとかなり大きな金額の差があり、通販が圧倒的に安い値段設定です。
病院の値段比較(1シート)
A病院 2,590円
B病院 5,400円
C病院 10,800円
通販の値段比較(1シート)
Aサイト 810円
Bサイト 1,230円
Cサイト 1,500円

ピルの通販

スマホ持つ女性 低用量ピルは、病院(産婦人科)もしくは個人輸入によって購入することができます。

通常ピルを購入するには病院で診てもらい処方箋が必要になります。そのため、薬代の他にも初診料・診察料・検査料・処方箋料などがかかります。また、病院によっては指導料がかかるところもあります。

また、月経困難症で処方される場合には保険が適用されますが、避妊目的の場合は適用外です。保険適用されても毎回診察料や処方料がかかると、金銭的負担が大きくなります。しかも、毎月飲まなければいけないのに、薬がなくなるたびに通院するのは大変です。病院で処方してもらうには、金銭的にも、時間的にも負担が大きいです。

通販のメリット

個人輸入をすると処方箋なしで海外から安い値段で購入することができます。個人輸入と聞くと面倒なイメージがあるかもしれませんが、個人輸入を代行してくれる業者があります。 自分と海外の店舗の中継をしてくれます。ここで注文すると、インターネットから日本語でいつでも購入できます。いわゆる通販の感覚で購入ができるのです。病院に足を運ぶことをためいがちな人、病院に行く暇がない人にもオススメです。「処方箋が必要な薬を海外から購入しても大丈夫?」と不安な人もいると思いますが、安心してください。実は、自分で使用するならば海外から仕入れてもいいと法律でも定められているんです。

通販のメリットを以下にまとめていますので参考にしてください。

  • ピルの値段が病院で処方されるよりも圧倒的に安い
  • ピル代だけなく、診察代や交通費などもかからない
  • 病院に行く煩わしさや、病院での待ち時間を気にしなくて済む
  • 通院時間を気にせず、24時間好きなタイミングで購入できる
  • 病院に行っても希望するピルを処方してくれない可能性がある
  • 事前に商品の内容を確認してから購入できる
  • 病院では数量に制限があるが、通販ならまとめ買いしてさらにお得に購入できる

ただ注意すべき点は、通販の場合、トラブルが起こった場合は すべて自己責任になるということです。個人輸入代行に責任問題がないため、それを利用した悪質な個人輸入代行サイトもあります。商品が偽物だったり送られてこないこともあるため、安心できる通販業者を見つけることが大事です。

偽薬に注意

通販で購入する際、偽物の薬に気を付けなければいけません。「100%正規品」を購入しないといくら値段が安くても意味がありません。そのため、安全な通販業者選びはとても重要です。安さばかりを気にしていると偽薬を購入してしまうかもしれません。偽薬は重い副作用や病気を引き起こす可能性があるので非常に危険なのです。

通販サイト内に、「運営者情報(特定商取引法に関する表示)」「よくある質問」「クレジット決済の有無」「交換保証」などの明記があるかどうかなどをよく見極めることがポイントです。また、荷物の追跡ができるかどうかも重要です。商品の居場所を特定でき安心です。

アイピルを例に、偽物に注意すべき内容を述べていますので参考にしてください。正規品のみを扱っている業者を見定める大事なポイントなどをチェックしてください。

 

薬局でのピル購入

薬剤師

ピルについて「薬局では買えるの?」という質問が多くあります。自宅近くの薬局で買うことができれば、病院のように診察時間まで待つ必要がなく便利と感じる方は多いでしょう。しかし、現在の日本において薬局で買うことはできません。

国によって文化・宗教・習慣が違うように、国が違えばそれぞれの治療法・薬の量・内容に違いがあります。そして、環境・人種・疾患発生率も日本と海外では異なるため、日本で承認してもらうためには、日本国内の患者さんに合わせた臨床試験を行う必要があります。そのため、承認にはどうしても時間がかかってしまいます。海外で販売された薬が日本で販売されるまでに、平均4.7年かかっています。他国の平均期間はアメリカで1.2年、ドイツで1.4年、フランスで2.2年のため、いかに日本が遅れているか分かります。

このように、海外で販売されている薬が日本で販売されるまでには期間のズレが生じます。この期間のズレを「ドラッグ・ラグ」と言います。そのため日本では認可されていない薬が、海外において薬局で売られていることは珍しくありません。日本で認可されていないからといって、危険というわけではなく海外でも当然ながら安全性を確認した上で販売しています。

現在の日本において、ピルは薬局では買えませんが通販や病院では買うことができます。通販サイトは、海外の薬局で販売されている薬を日本にいながら買うことができる手段です。用法用量をきちんと守れば、重大な危険性はありません。



お金と電卓 より安くより簡単に購入したい場合は通販がかなりお得です。ただ、ピルと一口に言っても目的によって種類がいろいろあります。ぜひ、各ピルの特徴をしっかり把握してみてください。また、安くても正規品を購入できなければ意味がありません。自分の目的に合った正規品のピルをできる限り安く購入したいものです。