ピルの値段を比較しています。人気ランキングやおすすめポイントを参考に本物をお得に購入しましょう。

避妊薬ランキング

知って得するピルの値段

電卓と女性 ピルは女性の味方となる薬です。女性を守ってくれることがたくさんあります。避妊なしの性行為や避妊の失敗により望まない妊娠をしてしまうのは女性です。最悪の場合中絶手術をすることもあり、女性の負担は計り知れません。

ピルを選ぶ際の大事なポイントは、自分の目的に合ったピルを探すことですが、心情的には値段も気になるところです。目的に合っていても金額が高すぎると経済的な負担となり、継続できなくなるケースもあるからです。特に緊急避妊薬(アフターピル)のような一度の服用で済むものとは違い、低用量ピルは継続的な常用が必要になります。よって、継続していけばいくほどお金もかかってきます。

ピルの相場

そこで、気になるピルの値段ですが、相場としては1シート1,000円以下のものから3,000円以上するものまであります。低用量ピルは1シートが約1ヶ月分、緊急避妊ピルは1シートが1回分と考えてください。

相場にかなり幅があり一定しない理由は、ピルは種類や使用目的によって金額が異なるからです。また、ピルは病院か通販(個人輸入)で購入することができますが、病院か通販か購入先が違っても差が出てきます。

ピルの値段が違う理由

豚の貯金箱

ピルは黄体ホルモンの開発された順番によって第1世代ピルから第4世代ピルに分類されますが、その中でも一番新しく開発された副作用のかなり少ない第4世代ピルは、第3世代ピルと比べると少し高めの設定になっています。このように、ピルの種類によって効果・副作用・使用方法などの特徴に違いがあり、それに伴って金額も変わってきます。まずは、ピルをなぜ使うのか?と言う目的によって選択しなければなりません。

ピルを選んだら、次はどこから購入するかです。ピルを購入する際、病院の場合はほとんどが自由診療なので、健康保険が適用されず基本的には全額自己負担です。本来は保険が適用される部分も全て自己負担になるのです。その医療費などは、医療機関が自由に決めることができます。そのため医療機関によって価格が異なります。加えて病院に行けば初診料・再診料・指導料・検査料・処方箋料などが追加されることになります。病院までの交通費も必要となり、何より時間と手間がかかります。時間を買うとなるとさらに経費はかかります。それらの諸経費も各病院によってまちまちです。

それに対し通販の場合は輸入を代行してくれる業者の通販サイトによって差があります。ただ安いだけでは偽物の可能性もあるため十分注意が必要です。通販の値段を病院と比べると、同じピルでも通販は病院のおよそ1/2近くの金額で買うことが可能なのです。

ピル購入のポイント

同じピルを買うなら、少しでも安く買いたいものです。ここで賢く出費を抑えることができれば、余ったお金で洋服を買ったり、ネイルに行ったり、美容室に行ったり、旅行をしたりと自分に投資することもできます。夫婦であれば生活費や子供の養育費などに回すこともできます。毎月の差はばかにできません。この情報を知るか知らないかで、有意義にお金を使うことができるかできないかが決まります。

ピルを選ぶお得なポイントは、以下をぜひ参考にしてください。それぞれのピルのおすすめポイントや特徴とともに、自分の目的に合ったピルの種類をまずは探してください。そして、一体いくらくらいなのか?相場を把握し、少しでも安くお得に購入してください。

【参考ページ】

おすすめ!ピル人気ランキング

使用する目的、そして自分に合ったものというポイントを踏まえた上でピルを選択することになりますが、種類によって金額は変わってきます。各ピルの相場や特徴と合わせて、おすすめのピルを人気ランキング順に紹介します。ここでの価格は安く購入できる通販での相場をあげてみました。


1位 トリキュラー28

トリキュラー オススメ度★★★★★
国内シェアNO1のピルであるトリキュラー。お求めやすい価格で避妊率99%以上の効果と高いコストパフォーマンスが人気の秘密です。三相性ピルのため、より自然な女性のホルモンバランスに近づけることができ不正出血が起こりにくくなってます。7日間休薬期間に偽薬を飲むトリキュラー28は飲み忘れ防止とプラセボ効果でおすすめです。
価格1箱960円~
数量1箱(1シート28錠入り)

2位 マーべロン28

マーべロン オススメ度★★★★★
マーベロンは避妊率99%以上で、生理初日から飲み始めるとその日から避妊効果があります。一相性のため飲み間違いの心配がありません。7日間休薬期間に偽薬を飲むマーベロン28錠と7日間休薬するマーベロン21錠のタイプがあります。子宮内膜の環境を整え生理痛や不正出血などに効果があり、卵巣の病気や子宮内膜症の予防にもなります。
価格1箱1040円~
数量1箱(1シート21錠入り)・1箱(1シート28錠入り/偽薬7錠含む)

3位 アイピル

アイピル オススメ度★★★★
アイピルは緊急避妊薬で、他の低用量ピルとは違うタイプです。性行為後に一回の服用で妊娠を回避できるのが最大のメリットです。避妊に失敗してしまった時のために常備する女性が増えています。性交後72時間以内の服用で避妊効果がありますが、避妊失敗後早い段階で服用した方がより効果が望めます。WHO(世界保健機関)の必須医薬品としても指定されています。
価格1箱810円~
数量1箱(1シート1錠入り)

4位 ダイアン35

ダイアン35 オススメ度★★★★
ダイアン35は避妊だけでなく男性ホルモンを抑制する効果があるのでニキビやムダ毛の改善に期待できます。男性の性同一性障害の治療に使われることもあり、本来は女性用のピルを男性の女性化目的として使用することもできます(男性機能の回復はありません)。女性らしい丸みを帯びた体つきになるため女性もバストアップ効果が期待できます。
価格1箱1200円~
数量1箱(1シート21錠入り)

5位 ヤーズ

ヤーズ オススメ度★★★★
日本では生理痛などの月経困難症を緩和する目的として処方されているヤーズですが、海外では避妊目的でも処方され効果もあります。卵胞ホルモンをギリギリまで抑えている第4世代の超低用量ピルのため副作用がほとんど見られません。休薬期間中のホルモン変動を減らすため、他のピルと違い24日服用し4日間偽薬で休薬するサイクルとなります。
価格1箱2160円~
数量1箱(1シート28錠入り/偽薬4錠含む)

6位 ヤスミン

ヤスミン オススメ度★★★★
第4世代の超低用量ピルとして最近人気のあるヤスミン。FDA(アメリカ食品医療品局)の認可も受けていて、副作用が出にくいのが特徴です。1相性のため飲み間違う心配がありません。99%以上の高い避妊率はもちろん、黄体ホルモンの利尿作用によって顔や体のむくみが改善されホルモンバランスが原因で起こる体重増加がかなり減少します。
価格1箱1943円~
数量1箱(1シート21錠入り)


値段を比較!病院と通販

病院で購入した場合と通販で購入した場合のピルの値段を一例で比較します(1シートあたりのピルの値段)。購入先によってそれぞれ価格がまちまちですが、通販の方が安く購入できるのがほとんどです。それぞれ参考にしてみてください。ちなみに、病院の価格は診察料・処方箋料などを除いたピルだけの金額です。

トリキュラー28

トリキュラーは、通販の最安値が1シート960円と1,000円以下購入するができます。960円で購入することができれば、1シート21日分で1日あたり約45円です。

病院の比較
A病院 1,800円
B病院 2,080円
C病院 2,948円
通販の比較
Aサイト    960円
Bサイト 1,080円
Cサイト 1,200円

マーベロン28

マーベロンは、それほど高くなく購入しやすくなっています。病院処方だと2,000円超えてしまうこともありますが、通販ではほぼ1,000円程度で買えるところが多いです。

病院の比較
A病院 2,100円
B病院 2,700円
C病院 3,024円
通販の比較
Aサイト 1,040円
Bサイト 1,170円
Cサイト 1,300円

ダイアン35

ダイアン35は、通販で購入する場合はサイト比較してもそれほど差はありませんが、病院処方より最大で1/3以下で購入することができお得であることがわかります。

病院の比較
A病院 2,080円
B病院 2,290円
C病院 4,320円
通販の比較
Aサイト 1,200円
Bサイト 1,350円
Cサイト 1,500円

ヤスミン

ヤスミンは、ヤーズ同様第4世代で元々高めですが、通販より病院での価格がさらに高い設定になっています。一目瞭然でかなりのお得感がわかります。

病院の比較
A病院 2,894円
B病院 4,320円
C病院 5,500円
通販の比較
Aサイト 1,943円
Bサイト 2,000円
Cサイト 2,430円

ヤーズ

ヤーズは今まで紹介した低用量ピルと比較するとやや高くなっています。第4世代はまだ新しいので高めに設定されているところが多いようです。

病院の比較
A病院 2,700円
B病院 3,380円
C病院 4,320円
通販の比較
Aサイト 2,160円
Bサイト 2,430円
Cサイト 2,800円

アイピル

緊急避妊薬(アフターピル)として人気のアイピルは、通販最安値であればかなりお求めやすくなっています。通販は病院の比較をするとかなり大きな金額の差があり、圧倒的に安い設定です。

病院の比較
A病院  2,590円
B病院  5,400円
C病院 10,800円
通販の比較
Aサイト    810円
Bサイト 1,230円
Cサイト 1,500円

通販できるピル

スマホ持つ女性 ピルは、病院(婦人科)か通販(個人輸入)で購入することができます。どこでピルを買うかによって価格が変わってきますが、通販の方が圧倒的に安く購入することができます。ただ、安いからと言って偽物には注意しなければいけません。全ては自己責任なのが通販です。

また、病院はピルやその他の費用などを合わせると高額ですが、安心安全を買うことができます。病院と通販の購入に関するメリットとデメリットをそれぞれ比較してみましょう。

病院で必要な費用

通常ピルを購入するには病院で診てもらい処方箋が必要になります。そのため、ピル代の他にも初診料・診察料・検査料・処方箋料・指導料などがかかります。

また、月経困難症で処方される場合には保険が適用されるものがありますが、避妊目的の場合は適用外です。保険適用されても毎回診察料や処方料がかかると、金銭的負担が大きくなります。しかも、毎月飲まなければいけないのに、薬がなくなるたびに通院するのは大変です。病院で処方してもらうには、金銭的にも、時間的にも負担が大きくなります。

参考までに、病院でかかる経費の相場をあげてみます。上記のピルの金額に加え、病院でかかるお金です。最初は1ヵ月ごと、問題なければその後3ヶ月ごとに病院へ行き、病院で買える最大限数まとめて購入することもできます。以下の経費のほとんどは毎回病院で処方されるたびにかかりますが、検査料や指導料は2回目以降は省かれるので安くなってきます。ただ、状況によっては、半年おきくらいでの血液検査などは必要となってきます。

  ■初診料・再診料:各医療機関によって異なる
  ■診察料:診察内容によって異なる
  ■検査料:血圧・血液・性感染症検査など年齢や体調によって異なる
  ■指導料:ピルに関する指導代(必要ないところもある)
  ■処方箋料:薬をもらうために必要な経費
  ■その他:病院までの交通費・待ち時間

もちろん各医療機関によってかなり差はありますが、以上を合計すると相場として3000円程度~6000円程度が必要になります。高額な医療機関であると、10,000円を超えたなんて話しも聞きます。金額が心配であれば、各医療機関でいくらかかるかを問い合わせた方がいいでしょう。また、病院によっては支払い方法としてクレジットカードが使用できるところとできないところがありますので、必要であればそのあたりも確認した方がいいでしょう。

ただでさえ病院の方がピルの価格が高いにもかかわらず、上記のような経費がかかってしまいます。それが毎回継続します。毎月のことであれば、月に1,000円違うだけでも年間で12,000円変わってくるわけです。安く購入できる手段を知っているわけですから、ぜひお得に購入してください。

通販のメリット

パソコン操る女性

近年、インターネットの普及によって年代問わずネットで手軽に買い物をする便利な時代となりました。ピルも同様です。

まず、インターネットから個人輸入をすると処方箋なしで海外から安く購入することができます。海外からの個人輸入と聞くと面倒なイメージがあるかもしれませんが、個人輸入を代行してくれる業者があります。 自分と海外の店舗の中継をしてくれる業者です。ここで注文すると、インターネットから日本語でいつでも購入できます。いわゆる通販の感覚で購入ができるのです。病院に足を運ぶことをためいがちな人、病院に行く暇がない人はたくさんいると思いますが、そんな人にもオススメです。

「処方箋が必要な薬を海外から購入しても大丈夫?」と不安な人もいると思いますが、安心してください。実は、自分で使用するならば海外から仕入れてもいいと法律でも定められているのです。以下が通販のメリットです。病院の処方と比べ、通販の良さを参考にしてみてください。

■ピルの価格が安い
  病院と比べ、圧倒的にピルの価格が違います。これは通販の最大のメリットの一つです。利用する人の大半がこの理由ではないでしょうか。1ヶ月の差が半年続けばかなりの差になります。同じ商品なら安く買えるところで買いたいのが当然の気持ちです。

■診察料などの費用がかからない
  ピルの金額分もしくはそれ以上の費用がさらにプラスされる病院での支払い。診察料、再診料、初診料、指導料、処方箋料などは当然通販では必要ありません。しかも、病院までの交通費も費用に入れたらさらに大きくなります。

■病院に行く手間がかからない
  病院へ行く往復の時間だけでなく診察や薬の受取りのために病院で待たされる時間を考えると、病院に行く日はどうしても半日は潰れていしまいます。しかも基本は平日で仕事を休まなければいけない状況にもなってしまいます。これも毎月は大変です。

■精神的にも楽
  女性にとってありがたい薬にもかかわらず、いまだピルのマイナスイメージが拭えない日本。地方なら特に、病院に行くと誰に見られているかわかりません。できることなら誰にも知られずにピルを受け取りたいと思ってる人は多いと思います。通販の場合は希望すれば郵便局止めも可能です。

■好きなタイミングで購入できる
  病院には診療時間があります。しかし、インターネットには制限時間はありません。24時間好きな時に好きなタイミングで買うことができます。夜中でも大丈夫。これはありがたいです。慌てずゆっくりと自分のペースで注文してください。

■病院で希望のピルがないかもしれない
  通販では自分の選んだものを買えますが、病院の場合は基本的に先生のチョイスで購入します。もちろん、希望のピルを伝えれば買えるはずですが、その病院自体で販売していないピルもあります。全ての種類が必ず病院にあるわけではないので注意が必要です。

■事前に商品内容を確認できる
  病院で診察を受け、渡されたピルの説明を終わり。これがどういう特徴があって副作用や使い方など事前に知らされないないまま、家に持ってかえるという流れが意外と多い病院での処方。その点、通販では事前にじっくりネットなどで購入予定のピルを調べることができます。

■まとめ買いができる
  病院処方は限られた数量しか買うことはできません。もちろん、通販でも同様なのですがその許容範囲は広いので、毎月毎月購入する必要がなくまとめ買いできます。また、まとめ買いした方がピルの金額が安くなる場合がほとんどで、さらにお得に購入することができます。

通販のポイント

握手

通販で一番注意をしなければいけないのは、トラブルが起こった場合はすべて自己責任になるということです。ここは重要なポイントです。個人輸入代行に責任問題がないため、それを利用した悪質な個人輸入代行サイトもあります。商品が偽物だったり、または商品自体が送られてこないこともありますが、全ては自己責任となります。

「100%正規品」を購入しないといくら安くても意味がありません。本物が全てです。そのため、安心安全な業者選びはとても重要です。安さばかりを気にしていると偽薬を購入してしまうかもしれません。偽薬は本来の効果がほとんどないどころか、重い副作用や病気を引き起こす可能性があるので非常に危険なのです。

安心な通販業者はどうやって選ぶのか、以下がポイントです。業者のサイトに以下のポイントがあるかどうかをチェックし参考にしてみてください。


■「正規品」であるというフレーズがあるか
→このフレーズが100%本物を扱っているかどうかの一つの目安です。
■注文後に荷物の追跡ができるかどうか
→現在荷物がどこにあるのかの居場所が特定でき安心度が加わります。
■クレジットカードの決済が可能か
→信用のおける会社という証明です。信頼があるからクレジットが利用できるのです。
■「特定商取引法に関する表示」があるか
→これはそのサイトを運営している運営者情報です。これは絶対にないと怪しいです。
■「個人情報保護方針」があるか
→近年の流れとして、個人情報に対する扱いがかなり厳しくなってきています。
■口コミ・体験談・よくある質問があるか
→実際に使った人の声、疑問を答えてくれているかどうかも大事なポイントです。
■商品が欠損していた場合の交換保証があるか
→配送中の事故などで商品破損や誤配送品が届いた場合の対応内容は大事です

アイピルを例に、偽物に注意すべき内容を述べていますので参考にしてください。本物のみを扱っている業者を見定める大事なポイントなどをチェックしてください。

※「アイピルの偽物に注意」はこちらから

薬局でのピル購入

薬剤師 ピルは「薬局では買えるの?」という質問が多くあります。自宅近くの薬局で買うことができれば、病院のように診察時間まで待つ必要がなく便利と感じる人は多いでしょう。また、気軽に購入できることで、いまだにかなり低い日本のピルの普及率をあげることもできるかもしれません。しかし、現在の日本において薬局やドラッグストアで買うことはできません。ちなみに、amazonや楽天といったネットから購入することもできません。

国によって文化・宗教・習慣が違うように、国が違えばそれぞれの治療法・薬の量・内容に違いがあります。そして、環境・人種・疾患発生率も日本と海外では異なるため、日本で承認してもらうためには、日本国内の患者さんに合わせた臨床試験を行う必要があります。そのため、承認にはどうしても時間がかかってしまいます。海外で販売された薬が日本で販売されるまでに、平均4.7年かかっています。他国の平均期間はアメリカで0.9年、イギリスで1.2年、ドイツで1.3年のため、いかに日本が遅れているか分かります。

このように、海外で販売されている薬が日本で販売されるまでには期間のズレが生じます。この期間のズレを「ドラッグ・ラグ」と言います。そのため日本では認可されていない薬が、海外において薬局で売られていることは珍しくありません。日本で認可されていないからといって、危険というわけではなく海外でも当然ながら安全性を確認した上で販売しています。

現在の日本において、ピルは薬局では買えませんが通販や病院では買うことができます。通販サイトは、海外の薬局で販売されている薬を日本にいながら買うことができる手段はこの二つのみです。用法用量をきちんと守れば、重大な危険性はありません。





疑問を解決!よくある質問

ピルに関する疑問にお答えします。みなさんからよく聞かれる質問とその回答を参考に、疑問を解決してください。

ピルはどうやって買うのがおすすめ?

スマホをいじる女性 ピルは病院で処方され購入する方法と、個人輸入で購入する方法があります。薬局では販売していません。安く手間をかけずに簡単に購入するには個人輸入をおすすめします。個人輸入と言っても、輸入手続きを代行してくれる業者がありますので、インターネットを利用し日本語で簡単に通販感覚で購入することができます。
※詳細:『通販できるピル

病院と通販ではピルの値段は違うの?

電卓をたたく女性 病院で処方される場合は、基本的に保険適用外なので金額も高くなります。また、薬代だけではなく、診療代・処方箋代などがかかる上に病院までの交通費もかかります。通販の場合は、薬によっては病院の約1/2から1/3ほどの価格で購入が可能となります。価格は病院によっても違いますが、通販も代行業者によっても差があります。
※詳細:『値段を比較!病院と通販

通販で購入するのは大丈夫?

PCと女性 個人使用目的なら個人輸入での購入も可能です。外国語で面倒な手続きを代行してくれる通販業者があるので、そちらから安く購入してください。ただ、金額が安いだけで飛びついてしまい、偽物を買ってしまったという話しは後を絶ちません。しっかりと信頼のおける業者から購入する必要があります。
※詳細:『安全な通販業者の選び方

人気のピルを知りたい!

ピル ピルは目的によってさまざまな種類があります。自分がどういう目的で使用するのかをしっかり理解した上で選ぶ必要があります。たくさんある種類の中で何がいいか判断しにくいかもしれませんが、ここではそれぞれのピルの特徴やおすすめポイントと一緒にピルの人気順にランキング形式で紹介しています。
※詳細:『人気ピルランキング

ピルを飲んだ人の感想を聞きたい!

ひそひそ話しする女性たち 実際にピルを飲んだ人の感想や口コミって聞いてみたいのが心情です。その薬が飲みやすいか、ちゃんと効果があったか、副作用はなかったかなど、実際に使ってみた人だからわかる声を聞いてみてください。もちろん、人によって種類によって合う合わないが出てきますので、あくまでも参考にしてください。
※詳細:『ピルの体験談

ピルを飲むと太るの?

体重計に乗る女性 ピルは女性ホルモンの影響で、むくみやすくなったり、女性らしく丸みをおびた体つきになったりします。また、食欲増進の作用も考えられます。生理痛の改善などで体調がよくなり食欲増進したという例もあります。ただ副作用同様、ホルモン含有量が減ってきたことによりその懸念もかなり解消されています。
※詳細:『ピルで太る可能性

40代がピルを使うのはダメ?

頭痛の女性 40代になると血栓症の発症確率があがるため、処方しない病院もあります。ただ、30代半ばから40代半ばにかけてのプレ更年期の人には低用量ピルは効果的です。30代から飲み続けている人は40代半ばまでピルの使用は大丈夫という病院も多いです。40代からは血液検査などで常に体調をチェックしながら服用してください。
※詳細:『40代とピルの関係

ピルで生理をずらすことは可能かな?

スーツケースを引く女性 ピルは生理周期を変更することも可能です。旅行や大事な試験、大切な人との記念日など、生理がきて欲しくない大事な日に生理をずらすことができます。生理を早めたり、生理を遅くしたり、ピルを飲むタイミングを生理のタイミングとずらすことで可能にするわけです。避妊目的で服用してる人は効果も継続されます。
※詳細:『ピルで旅行も安心

ピルで卵巣がんを予防できる?

?マークと女性 ピルは人工的に排卵をおこさせないようにするため、卵巣の負担を減らすことが可能です。ピルを飲み卵巣の負担を減らすことで卵巣がんの予防ができるのです。卵巣がんの発症率が日本では増えているにも関わらず欧米では減少している事実は、ピルの普及率と関連があるのではないかと言われているくらいです。
※詳細:『ピルで卵巣がん予防』

ピルで低血圧は改善されるの?

頭痛の女性 ピルは副作用的に血圧を上げる作用があります。よって、元々高血圧の人の服用は避けた方が無難ですが、低血圧の人は解消される可能性も高いです。昇圧剤の薬を飲んでいた人が不要になるケースも多いです。これに安心せず、ピルを飲み始めたら、血圧のチェックは日頃からおこなってください。
※詳細:『ピルと低血圧の関係』

ピルを常用しても大丈夫?

ピルケース 避妊効果を継続させるには、ピルを常に飲み続けることが必要です。1シート1ヶ月周期で飲み続けることで、避妊だけでなく生理痛が軽減したり子宮内膜症の治療目的で常用してる人もたくさんいます。逆に、緊急避妊薬の常用は重篤な副作用を引き起こす可能性が高いので連続使用はしないでください。
※詳細:『ピル常用のメリット

日本のピル普及率ってどのくらい?

ノートにメモ コンドームの使用率が40%を超えているにも関わらず、ピルの使用率はわずか1%の日本。しかし、外国では非常に高い使用率を示しています。フランスを例にとると、若い世代は70%を超えるピルの使用に対し、コンドームはわずか7%弱。ピルの高い避妊率と避妊以外の効果が欧米では人気のようです。
※詳細:『ピルの普及率

「トリキュラー」を通販で買うには?

スマホをいじる女性 国内で非常に人気の高いトリキュラーは、通販で買うと簡単で安くお得に購入することができます。本物を間違いなく購入するためには、サイトからその業者を見定めてください。
※詳細:『トリキュラーの通販

「ダイアン35」の効果を知りたい!

肌荒れの女性 避妊効果はもちろん、肌荒れやニキビの改善に効果を発揮するダイアン35。ムダ毛の改善やバストアップなど体つきが女性らしくなります。よってMTFの人の使用も非常に多いのが特徴です。
※詳細:『ダイアン35の詳細

「マーベロン」には副作用あるのかな?

腹痛の女性 不正出血や吐き気などの副作用がありますが、これはかなり低い確率です。低用量のため副作用はかなり少なくなり、症状もかなりやわらいで、使ううちになくなっていくのがほとんどです。
※詳細:『マーベロンの副作用

「ヤスミン」ってどんな効果があるの?

指をさす女性 高い避妊効果のあるヤスミン。ホルモン量をギリギリまで抑えた第4世代の超低用量ピルのため、避妊以外にも利尿作用によってむくみがとれたり、また体重の増加を抑えることが見込めます。
※詳細:『ヤスミンの詳細

「ヤーズ」にはどんな効果がある?

トイレマーク 避妊だけでなく、利尿作用によるむくみやニキビの改善、そして月経困難症の緩和などの効果が見られます。ヤスミン同様、超低用量ピルのため副作用もほとんど抑えられるようになりました。
※詳細:『ヤーズの詳細

「アイピル」を詳しく知りたい!

けんかするカップル 性行為後に1回だけ服用するだけで高い避妊率を誇るアイピルは、他の低用量ピルとは違い緊急避妊薬です。行為後にできるだけ早く飲むことでその効果があらわれます。1回だけで望まない妊娠を避けることができます。
※詳細:『アイピルの詳細

「アイピル」の偽物を見分けるには?

ピル 安い通販ではアイピルの偽物がたくさん流通しているようです。偽物を買わないため、しっかりと信頼のおける業者を選ぶ必要があります。信頼のおける業者とは、そのサイトを見ればわかります。
※詳細:『アイピルの偽物に注意

不安解消!みんなのピル体験談

実際にピルを使ったことのある人の体験談・口コミです。以下の代表的な目的や理由で使用して、実際に効果があったというたくさんの声を聞いてください。

女性三人ひそひそ話し ■避妊のために使用・・・
■生理痛の緩和目的で・・・
■ニキビの改善と副作用が少ないと聞いたから・・・
■危険日で避妊せずに性行為し緊急避妊用に・・・
■むくみの改善と子宮内膜症の予防に・・・
■更年期の改善と子宮系病気の予防に・・・
■生理日のコントロールのため・・・
■避妊と生理痛改善の両方・・・
■女性らしい体つきになるために・・・

※「私の体験談」はこちらから



ピルを理解するための基礎知識

今さら聞けない、でも知らないと大変。そんなピルに関する基礎知識をご紹介します。使う前にまずは知っておいたほうがいい基礎知識です。

ピルの種類を教えて!

ピル ピルには、高用量・中用量・低用量・超低用量といった種類があります。最近ではピルと言うと低用量ピルをさす場合がほとんどです。また、黄体ホルモンの量によって一相性から三相性まで分類され、開発された黄体ホルモンの順番によって第1世代から第4世代まで分けられます。これらとは別に、性行為後に服用する緊急避妊薬もあります。
※詳細:『ピルの種類

ピルの飲み方を知りたい!

ピルを飲む女性 種類によって飲み方が違ってきますが、低用量ピルの場合、基本は1日1回同じ時間帯に服用するだけです。生理周期同様1シート28日間で服用します。緊急避妊薬は1回のみの服用です。飲み始めるタイミングによって効果のあらわれ方が違ったり、服用できない条件もあります。また飲み忘れた場合のその後にも注意が必要です。
※詳細:『ピルの使用方法

ピルの避妊率はどのくらい?

OKマークの女性 ピルの代表的な効果は避妊です。避妊と言うとコンドームをイメージする人がたくさんいると思います。しかし、意外と知られていませんが、ピルは99%を超える避妊率があるものがほとんどです。服用することで排卵を抑制し、精子が入りにくくなる作用が働きます。
※詳細:『避妊効果と避妊率

ピルの避妊以外の効果は?

疑問マーク女性 生理痛や生理不順で悩んでる人や生理周期を調整したい人にも使って欲しいのがこのピルです。また、種類によっては肌荒れやニキビの改善、子宮体がんや卵巣がんなどの予防の効果もあります。それ以外にもさまざまな効果がありますので、自分の目的に合ったピルを選ぶためにもまずは理解しましょう。
※詳細:『避妊以外の効果

ピルの副作用って怖いもの?

OKマークの女性 海外とは違い日本ではまだあまり普及していないピルですが、普及しない理由の一つに副作用の問題があります。最近では低用量や超低用量が主流となっているため、ホルモン量をギリギリまで減らし以前ほどの副作用はほとんど見られません。安全なピルを安心して使って問題ありません。用法用量を正しく守ってください。
※詳細:『ピルの副作用

おすすめのピルを選ぶポイント

ピルの種類によって、特徴や効果は変わってきます。みなさんが気になるポイントは主に以下ではないでしょうか?以下を参考に、ピルを選ぶ際のポイントにしてください。

避妊効果の高いピルは?

ピースする女性 低用量ピルは全般的に99%を超える避妊率を示しています。トリキュラーマーベロンダイアン35の第3世代ピルから、ヤスミンヤーズといった第4世代ピルまで非常に高い効果を発揮することができます。ただ、用法用量をしっかり守ることが前提です。アイピルのようなアフターピルは、早く飲むに越したことはありませんが、できるだけ性行為後24時間以内の効果のあるうちに服用しましょう。ただ、ピルで防げないのが性感染症です。これは、コンドームを使用して防ぐしかありません。

副作用の少ないピルは?

これまでの中用量や高用量のピルに比べたら、低用量ピルはホルモン量が少ないためにかなり副作用が減ってきています。そして、症状もかなり軽くなってきています。もしあったとしても、飲みはじめに多く使い続けて慣れていけばなくなるのがほとんどです。最近はさらに、ヤスミンやヤーズといった第4世代ピルが出てきて、ホルモン量をギリギリにまで抑えているため、もし他のピルで副作用に悩まされているとしたら、第4世代ピルに変えてみるのも一つの方法です。

生理痛の改善に効果のあるピルは?

アフターピルに効果はありませんが、毎日飲む低用量ピルは全般的に効果があります。毎日飲むことで、28日周期の生理周期がコントロールでき、生理日がわかるようになります。また、生理の日を早めたり遅くしたりと調節も可能になります。避妊だけではなく、生理に関する悩みも減らしてくれるのがこの低用量ピルなのです。さらに加えるなら、卵巣がんや子宮内膜症といった病気を予防する役割もあり、そのために常用している人も多いです。

むくみがとれたり体重が増えないピルは?

ヤスミンやヤーズの第4世代ピルが該当します。ドロスピレノン(黄体ホルモン)のもつ利尿作用によって、体外に水分を出すことでむくみにくくなり、また体重が増えにくくなります。体重が増えた根本は、水分が要因である場合が多いと思います。ちなみに、体重に関してはピルを飲んでいるから太るわけではなく、さまざまな理由があります。ピル=太るというイメージを持っているとしたらそれは先入観です。安心してピルを服用してもらって大丈夫です。

※詳細「ピルで太る可能性」

ニキビの改善に効果的なピルは?

低用量ピル全般に言えるのがニキビや肌荒れの改善です。ニキビは男性ホルモンの影響が強いため、抗男性ホルモンの入った低用量ピルはその効果があるのです。その中でも効果が見られる代表的なピルはダイアン35です。元々ニキビの改善のために開発されました。その後、避妊効果もあるということが判明し、避妊+ニキビの改善が可能な低用量ピルとして知られました。また、第4世代ピルも抗男性ホルモンの作用によりニキビの改善が見られます。

毎日飲まなければいけないピルは?

低用量ピルは毎日飲むのが鉄則です。しかも、毎日同じ時間帯に飲まないと効果がありません。避妊効果を筆頭に、生理痛の改善や生理周期のコントロールなど避妊以外の目的で使用している場合も含めて毎日服用してください。避けたいのが1ヶ月おきに飲むというサイクルです。ホルモンバランスが狂ってしまい、体調不良になってしまう可能性があります。また、逆に絶対毎日飲んではいけないピルはアイピルのようなアフターピルです。これは該当日だけ服用してください。