アイピルは緊急避妊薬として効果の高いピルです。性交後1回の服用だけで効果があり副作用も少なめです。

■アイピルの詳細

背を向けるカップル アイピルとはノルレボ錠のジェネリック医薬品の「緊急避妊薬」です。低用量ピルとは服用方法や作用も異なり、一日だけ飲む緊急避妊薬です。たった1回の服用のみで望まない妊娠を避けることができるのが最大の特徴です。

緊急避妊薬は、別名「モーニングアフターピル」とも呼ばれます。モーニングアフターピルという名前は「性行為の次の朝に飲む」ということから付けられたと言われています。コンドームが破けてしまった、つい危険日に性行為をしてしまった、失敗していないけど心配など、妊娠を望んでいないのに妊娠の可能性がある緊急用に使われています。

【効果】

アイピルには先発薬であるノルレボの成分「レボノルゲストレル」が1.5mg配合されています。これは2011年に日本で認可された新しい緊急避妊薬ですが、世界保健機関(WHO)の必須医薬品としても指定されているので信頼性も安全性も日本だけでなく国際的に認められているのです。

有効成分

有効成分のレボノルゲストレルは黄体ホルモンで、排卵を抑制する効果があり、受精の機会をなくします。もし、排卵から受精した場合でも子宮内膜の増殖を抑え、受精卵を着床しづらい状態にします。危険性や緊急性の高い妊娠を防ぐために開発された避妊薬に適応されています。

黄体ホルモンは女性ホルモンのひとつであり、プロゲステロンとも呼ばれます。排卵後に卵巣に残された卵胞が黄体化して黄体ホルモンを分泌する仕組みになっています。排卵後2週間ほど存在し、次の生理が訪れるまでのあいだは黄体ホルモンが大量に分泌されます。そのため、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くし、基礎体温を上げ、妊娠しやすいように子宮内の環境を整えるわけです。黄体ホルモンがたくさん分泌された状態で、黄体ホルモンを投与すると黄体ホルモンの分泌が抑えられ排卵も抑制されるわけです。

避妊率

親指立て 性交後に1回服用するだけで避妊効果の見られるアイピル。ただし、避妊効果を得るにはタイムリミットがあります。避妊の失敗から「72時間」以内に薬を服用しなければいけません。72時間とは、受精卵が子宮に着床するまでの時間と言われており、そのため72時間以内という決まりがあります。しかし、早ければ早いほど効果が高いと考えられています。

服用して2~3時間ほどで体に吸収され、早くて1~3日、遅くても3週間ほどで出血があらわれます。人工的に生理を起こさせて妊娠を回避するため、ピルによる生理となります。これが妊娠を回避できた証拠ともなるのです。妊娠の可能性があった人だけにかぎらず、アフターピルを使用すれば全員にみられる症状なので心配はありません。

アイピルの避妊成功率は以下の通りです。

  • ◆24時間以内の服用 95%
  • ◇25~48時間以内の服用 85%
  • ◇49~72時間以内の服用 58%
  • このように24時間以内の服用であれば、9割以上の確率で避妊できますが、時間が経てば経つほど避妊の成功率は下がってしまうのです。また、72時間(3日以内)を過ぎてしまっても120時間(5日以内)であれば、服用すれば妊娠の可能性は低くなると言われています。100%避妊できるというわけではありませんが、早い段階で服用すれば妊娠する確率はほぼゼロに近いと考えられています。

    【副作用】

    鼻を押さえる女性 第2世代の強めな黄体ホルモンのみが含まれているため、従来のヤッペ法(中用量ピル)による緊急避妊法より副作用である吐き気が軽減されています。また1錠1回のみの服用なので体への負担が少なく済みます。 ただ、緊急避妊薬であるアイピルの副作用は、低い割合ですがいくつかの症状が報告されています。吐き気・胃のむかつき・頭痛・腹痛・倦怠感・不正出血などです。アイピルは卵胞ホルモンが含まれていないため血栓症の副作用が見られないのも特徴の一つです。

    これらの副作用が生じる原因は、一度に大量の女性ホルモンを摂取することだと考えられていますが、1~2日ほどで治まるのがほとんどです。しかし「不正出血」は念のため注意が必要です。一時的にホルモンバランスが変化することで起こりますが、急激な変化のため2~3日ほど出血が続く場合があります。発症したからといって、避妊効果に直接的な影響があるわけではありません。

    ホルモンバランスを急激に変化させるので体に負担になることは確かです。あくまでも緊急避妊のための薬のため、継続的な服用は絶対に止めてください。あまりにもひどい副作用や、症状が長引く場合は早めに婦人科に行くことをおすすめします。

    【使用方法】

    薬を飲む女性 アイピルは1箱1錠で販売されており、72時間以内に1錠だけ水か白湯で服用すれば良いのです。それだけです。以前の同じようなタイプに比べ、アイピルは1回1錠だけで済むため便利になりました。24時間以内の服用であれば高確率で避妊できます。そのため、避妊の失敗からとにかく早い段階の服用が効果的です。

    空腹時の服用は吐き気を起こしやすくするため、食後の服用をおすすめします。吸収される前に嘔吐してしまうと、効果がなくなってしまうので、服用してから3時間は吐かないように注意が必要です。就寝前に服用しすぐに寝てしまうなど工夫が必要です。

    ちなみに、これまでの緊急避妊薬には「ノルレボ」と「ヤッペ法(プラノバール)」とこの二つが用いられていました。「ノルレボ」は高用量ピルで、アイピルよりかなり薬代が高く薬代だけで16000円前後かかります。避妊成功率は高いですが服用方法も一度に2錠服用しなければなりません。

    もう一つが「ヤッペ法」で中用量ピルです。薬代は5000~7000円ほどですが避妊率が一番低いのです。1回目の服用からきっちり12時間後にまた服用しなければならないという手間があります。吐き気止めも服用するため3錠服用しなけれないけません。このようにノルレボが2錠に対して、アイピルが1錠の服用で済むのは、2錠分のレボノルゲストレルがアイピルに含まれているからなのです。

    使用の注意点

    まず、服用後に性行為を行うとアイピルの効果が失われるということです。次に、受精後に服用しても効果はないという点です。堕胎目的で使用するのは大きな間違いです。またこのアイピルは緊急避妊薬であり、性病を予防するような役割もありません。コンドームなど別の対策が必要となります。

    使用できない人

    お辞儀をする女医 下記に当てはまる方は服用できないので注意してください。まずは妊婦・妊娠の可能性のある人・授乳中の人。授乳中は母乳に成分が移行する場合があるので服用できません。そして、心臓・血管・肝臓に障害のある人。また高血圧の人です。

    下記の薬を服用している人は飲み合わせで避妊効果が低下する恐れがありますので、合わせて注意が必要です。該当するものは、抗てんかん薬(フェノバール・アレビアチン・プリミドン・テグレトール)・抗結核薬(リファンピシン・アプテシンカプセル・リファジンカプセル)・抗酸菌症治療薬(ミコブティンカプセル)・抗真菌薬(ポンシルFP)・C型肝炎ウィルス感染症の治療薬(ノービア)・HIV感染症治療薬などです。

    グレープフルーツは医薬品の効果を高める作用があります。ピルの効果が強くなればその分副作用も出やすくなり、重い副作用を招く危険性があります。グレープフルーツを摂取するときは。ピルを服用する前後4時間は避けて摂取するようにしましょう。また、「セントジョーンズワート」や「チェストベリー」などのハーブには逆にピルの効果を弱めてしまう作用があると報告されているため、使用は避けたほうが良いでしょう。

    【購入方法】

    アイピルは薬局やドラッグストアといった市販での販売はおこなっていません。病院で処方してもらうことは可能ですが、アイピルを処方している病院も少なく、処方していても通販と値段比較すると非常に高価格で15,000円ほどかかります。ピルは保険適用外なため、すべて自己負担になります。そのため、最低でも薬代や診察代で20,000円ほどかかってしまうのです。

    しかし、アイピルを簡単に安く入手できる方法があります。それは「海外医薬品の個人輸入」です。ただ、個人輸入を代行してくれる通販業者がありますので、ネットで簡単に購入でき通院の手間もなく面倒な手続きも言葉の壁もありません。効果も期待できて安い価格で販売しているので、普通の通販と同じ感覚で購入することができます。ただ、業者選びは慎重におこなってください。値段だけが安くても、アイピルが偽物の可能性もあります。



    指でハート アイピルは他のピルと比較してもとにかく値段が安いので人気です。病院処方ではなく、出費を安く抑えられる通販で購入した場合でも、1シート2000円以上するピルもあります。その中でもアイピルは、1000円以下で購入できるとあって安さは圧倒的です。安いだけではなく、緊急時の避妊効果も十分あるとされているのが人気の理由です。求めやすい値段のため、備えでストックしておくことも安易にできます。 アイピルは世界各国で使用されており、アフターピルとしての知名度も抜群です。使用した人の口コミもいい評価が多く、事後に慌てて病院に行かないためにも持っておくと安心です。高い効果も見られ、そして副作用も少ないアイピル。緊急用ピルとしてはおすすめです。