ダイアン35はニキビを抑える効果が高いお薬です。

☆ダイアン35の効果・特徴・副作用

ダイアン35 ダイアン35はドイツのバイエルという製薬会社によって製造・販売されている低用量ピルです。
もともとニキビの治療薬としてのみ認可されていますが避妊に効果があることが分かり避妊薬として服用されています。

【効果】

ダイアン35には少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。
排卵を抑え、妊娠中に近いホルモンバランスにすることによって精子が着床するのを防ぎます。
黄体ホルモンとして配合されているシプロテロンアセテートには男性ホルモン(テストステロン)抑制する効果があり、他のピルよりも強力に作用することで、避妊効果だけではなく、ニキビやムダ毛を改善する効果やバストアップやアンチエイジングの効果があります。

【特徴】

アジア人などの小柄な人に飲みやすいように配合されている薬なので、日本人が飲みやすい低用量ピルです。
他のピルに比べ男性ホルモンの抑制が強力なため男性の性同一性障害の治療に使われることもあります。
本来は女性用のピルですが、男性の体を女性らしい体つきに変える働きがあります。
全体的にふっくらとやわらかい肉がつき、胸ができます。そのため男性機能はほとんどなくなります。

【副作用】

飲み始めに生理以外の出血(不正出血)乳房の張りや痛み、頭痛や吐き気が起こる場合があります。
一時的なホルモンバランスの変化によるものだと考えられるので、しばらくしてホルモンバランスが安定すると症状は改善されます。
薬を飲み忘れたり中断したりすると不正出血が起こるので注意が必要です。

ダイアン35にはば血液を固まらせる性質があるので血栓症のリスクが高まります。
血栓とは血液の塊のことをさしますが、血管に塊が詰まってしまうのが血栓症です。
手足のしびれや、息切れや頭痛などが初期症状として現れるので、万が一このような症状が現れた場合、医師へ相談してください。
また、喫煙者の血栓症のリスクはさらに高まるので、喫煙は控える必要があります。

男性が女性化のために服用する場合は副作用として、体重の増加、倦怠感、不眠症、筋力・体力の低下(女性らしい身体になるため)精巣への損傷(精子の奇形)がおこります。
服用をやめても男性機能が回復することはありません。覚悟を持ったうえで服用してください。