トリキュラーは高い避妊効果が期待できる低用量ピルです。信頼できる通販サイトからお得に購入しましょう

■トリキュラーの通販

上を向く笑顔女性 避妊や月経時の不調改善のために服用する低用量ピル。主な効果は避妊ですが、服用することで月経時の不調改善や出血量の減少など女性の悩みも改善してくれます。低用量ピルの中で「トリキュラー」というピルは国内で人気が高く副作用が少ないと多くの方に使用されています。副作用が少ないですが効果は抜群です。トリキュラーには2種類あり、21日間飲んで7日間は何の効果もない偽薬を飲むという「トリキュラー28」が初めての人にはおすすめです。慣れずに飲み忘れることを防止できるからです。

低用量ピルを購入するには通常病院で医師の診断を受けピルを処方してもらう必要があります。しかし定期的に病院に行きピルを処方してもらうには、お金も時間もかかってしまいます。お金と時間はあまりかけたくないが、ピルは飲みたいという人に人気があるのが薬の個人輸入で、もちろんトリキュラーも買うことができます。個人輸入と言うと難しそうなイメージがありますが、個人輸入を代行している業者サイトからの通販という形で購入するのが便利です。

【通販と病院の比較】

トリキュラーを購入する方法は2つあります。病院と通販です。それぞれにメリットデメリットがありますが、費用や手間を考えると圧倒的に通販を利用した方が便利です。病院で購入する場合と通販で購入する場合を比較してみましょう。

通販のメリット

病院では医師からの診断を受ける安心感と、安全な薬を手にすることができるというメリットがあります。しかし、経費がかなりかかってしまいます。診察代・初診代・処方箋代に加え、薬代も通販に比べたらかなり高めです。トリキュラーは保険適用外なので余計に高く感じるかもしれません。病院までの往復の交通費、そして行くまでの手間、待ち時間などを考えたらかなりの負担です。トリキュラーが欲しくて病院に行ったのに、実は取り扱っていないという可能性も考えられます。

それに比べ、通販には魅力的なメリットがあります。一番は価格的に安いということです。また、24時間好きなタイミングで購入できる、購入前に薬の内容・使用方法・副作用・口コミなどを調べることができる、法定内であればまとめ買いができるという点も通販をおすすめする理由です。まとめ買いをすることでさらに割安になる業者がほとんどです。

通販の購入の手順

タブレットを見る女性 通販の業者から個人輸入を代行してもらえるため、輸入に関する面倒な手続きもなく日本語で簡単にできます。インターネットを利用される方なら通販サイトはそれほど抵抗なく利用することができるでしょう。

信頼できる代表的な通販「おくすり購買部」を例に、購入の手順を見ていきましょう。まずは商品を選びます。サイト内で購入しようと思う薬の説明が見れるので安心かつ便利です。購入を決めたらカートに商品を入れ、個数を入力してください。右上の「カートを見る」に合計金額が出てくるので分かりやすいです。

購入手続きに入りましょう。氏名・性別・配送先の登録をし、クレジットカード決済か銀行振込みかの支払い方法を選択したら終了です。支払い確認ができ次第発送となり、非常に簡単な流れです。発送後に発送番号がメールで届きますので、追跡サービスで荷物が今どこにあるのかが分かり安心です。LINE登録した人は情報がさらにリアルタイムで届きます。気をつけたいのが名義です。必ず服用する本人の氏名を登録してください。購入者本人が使用する目的のみで個人輸入が許されているためです。ピルは女性が服用するものなので、男性名義では購入できません。

信頼できる通販業者

通販を利用するにあたり、一番不安な点はきちんと正規品を購入できるかどうか?ではないでしょうか。偽物ではなく本物を手にすることができるのかが一番心配なことでしょう。値段が安いからとただそれだけで決めてしまうのは非常にリスクがあります。偽物の可能性が高いからです。では、信頼できる業者とは?その業者のサイトを見るとほとんどわかります。以下がサイト内に含まれているかどうか確認しましょう。

  • 「正規品」であるというフレーズ
  • 注文後に荷物の追跡ができるかどうか?
  • 「特定商法取引法に関する表示」
  • 「個人情報保護方針」
  • 口コミやQ&Aコンテンツ
  • 配送中の事故などで商品が欠損していた場合の再発送

また、その業者で購入した際にクレジットカードで購入できるかどうかも重要なポイントです。クレジットカードを使用できるということは、クレジット会社から厳正な審査に合格した証です。怪しい業者では審査に通らないので、銀行振込みのみとなるケースが多いです。ここも参考にしてみてください。

【トリキュラーの使用法】

トリキュラー

低用量ピルには「1相性ピル」と「3相性ピル」といったタイプがあり、このトリキュラーは3相性ピルとなっています。このタイプは自然な女性のホルモンバランスに近づけるよう有効成分が3段階に変化し、不正出血が少なくなるなどの効果が見られます。その反面、飲む順番を守らなければいけないので、飲み間違いをしないように配慮が必要です。

用法・用量

通常ピルは21日間飲み7日間休薬、そしてまた飲み始めるというサイクルです。しかしこの休薬期間からまた飲み始める時に、日にちが分からなくなってしまったりして飲み忘れてしまう人のためにトリキュラーには2種類のピルがあります。ひとつは21日間飲んで7日間は何の効果もない偽薬を飲むという「トリキュラー28」。初めてピルを服用する人や、毎日何かしら服用するということで忙しくて日にちの感覚が分からなくなってしまう可能性がある人、忘れっぽい人用です。もうひとつは通常通り21日間飲んで7日間休薬する「トリキュラー21」。何も効果がないのに飲むなんて嫌だと思われる人や、ピルケース等に入れてしっかりと管理して飲むことができるという人なら、通常通り21日間飲んで7日間休薬するタイプがいいでしょう。

3相性ピルのため3種類の錠剤になっています。それぞれ2つの有効成分の配合率が違い、赤褐色6錠・白色5錠・淡黄褐色10錠というように色分けされているのでわかりやすくなっています。28日飲むタイプは偽薬が大きめの白色になっています。シートには飲み始めの初日から順番に数字が振られています。生理初日がトリキュラー飲み始めの日です。1日1錠「1」から飲み始めてください。飲み始めた初日から避妊の効果が現れます。参考までに、生理初日から飲み始めず数日たってから服用を始めても問題ありませんが、効果は約1週間後からになりますので、他の避妊方法で対処しなければいけません。

飲む時間帯は食事に影響がないためいつでも大丈夫ですが、大事なのは毎日同じ時間帯に飲むことです。血液中のホルモン量を一定にすることで避妊効果が得られるのです。2シート目からは休薬期間(もしくは偽薬を飲んでいる期間)が明けたらすぐに飲み始めてください。生理がこなくても飲み始めることになります。

服用を忘れた場合

服用しなければいけない時間から12時間以内に気づいた場合は、飲み忘れた分をすぐに服用し、次の錠剤も決まった時間に服用してください。12時間以内なら避妊効果は継続されます。24時間以内に気づいた場合でもすぐに気づいた時点ですぐに服用し、次の錠剤も決まった時間に服用してください。ただ、避妊効果が弱くなっていることが考えられますので、2週間ほどは別の避妊方法を併用した方が無難です。

24時間以上飲み忘れた時は避妊効果を期待できないので、次の生理まで服用をやめ、生理初日からまた飲み始めてください。避妊効果がまた戻ってきます。もちろん、飲んだり飲まなかったりしても避妊効果は期待できませんので正しく服用してください。ちなみに、服用を止めることで妊娠が可能ですので心配は無用です。

服用の注意点

薬を飲む女性

トリキュラーと併用することで、トリキュラーの効果や作用、飲み合わせの相手の効果や作用に影響が出る可能性があるものがあります。一緒に服用すると、避妊効果が下がったり、また一緒に飲んでいる薬の効果が上がりすぎたり下がったりする可能性があるのです。できるだけ避けるか、医師と相談してみてください。一部だけご紹介すると、ペニシリン系抗生剤・ステロイドなどの副腎皮質ホルモン・抗うつ剤・セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)・インスリンなど血糖降下剤・モルヒネなどです。もし、服用後に体調後の変化があればすぐに医師へ相談してください。

40歳以上の方や一日15本以上タバコを吸う方は血栓症のリスクが伴うため避けた方が無難です。また、トリキュラーはモーニングアフターピルと言われる緊急避妊用に作られたものではありませんので注意して下さい。

また服用方法ですが、必ず「1」から順番に飲んでください。飲む順番を間違えてしまうと、ホルモンバランスが崩れる可能性があります。このトリキュラーは3種類の錠剤によってホルモンの含有率を絶妙な量でコントロールし、自然なホルモン変化を作り上げます。また、休薬中に出血がないからといって自分の判断で休薬期間を延ばしたりすると、避妊効果は間違いなく薄れてきます。とにかく正しい服用方法が絶対です。

トリキュラーの効果

喧嘩カップル

トリキュラーの有効成分は「レボノルゲストレル」「エチニルエストラジオール」の二つです。これらが、ホルモン分泌系に作用し排卵を抑え、子宮に作用し受精卵の着床を防ぎ、精子が子宮に入りにくくなるために妊娠を防ぐことができます。

通常、排卵が起こる直前に黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。ここにレボノルゲストレルのような黄体ホルモンを投与すると黄体形成ホルモンが抑制され、排卵が起こらなくなります。また、レボノルゲストレルは着床しやすい状況が早期で形成されます。通常は排卵後5~7日で着床しやすい状況が形成されるため、レボノルゲストレルを投与することで着床障害を起こさせ、受精卵が到達する頃には着床しにくい状況が既にできあがっているという仕組みです。また、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)により女性ホルモンを補うことで男性ホルモンの濃度を下げるという効果があります。そのため、抗男性ホルモン薬とも呼ばれ、正常なホルモンバランスへ導いていきます。

避妊

トリキュラーの避妊成功率は99%以上という非常に高いデータがあります。正しく使用することでほぼ完全な避妊ができます。確実に避妊できる限界までホルモン量を下げる作用があるため健康も維持できます。ちなみに、コンドームでの避妊成功率は85%ほどと言われますが、使用方法の間違いなどが原因のようです。男性任せではなく、女性自身が自分の体を守るために使用する重要な効果的なアイテムです。

生理痛や月経前症候群(PMS)の軽減

ホルモンバランスが体内で崩れ、腹痛などの体調不良だけではなく、イライラ・怒りっぽい・憂鬱などメンタル的にも不調が続くことで悩んでいる女性も多いはずです。トリキュラーは子宮内膜が厚くならないため出血量も減少し改善が見られます。避妊目的以外で服用している人も多く、これらの症状が軽減するのは女性にとって嬉しい限りです。

生理周期のコントロール

生理周期を28日間にコントロールできるため、体調管理・旅行・運動・仕事など計画を立てやすくなります。生理時期をずらすこともできるので、特に旅行などは安心して楽しめます。

婦人科系病気の予防

トリキュラーを服用することで、体内から出る卵胞ホルモンがもう十分と判断し分泌が減少します。よって、子宮内膜を厚くさせないことで子宮内膜症の症状をやわらげたり、子宮がんのリスクも減少します。また、排卵を抑えることで卵子を排出することがなく卵巣の破壊がされにくくなり、卵巣がんの予防にもなります。さらには、疲れてる卵巣を休ませることができるため、卵巣機能の低下が原因の不妊症にも効果が期待されています。

ニキビ改善

ニキビは男性ホルモンの影響が非常に大きく、男性ホルモンによって皮脂分泌を過剰にし毛穴を塞ぐためニキビができやすくなります。トリキュラーで女性ホルモン量が増えることで抗男性ホルモン薬として大人ニキビの改善が期待できます。

トリキュラーの副作用

これまでのピルに比べたらトリキュラーの副作用はかなり減少し症状も軽くなっています。副作用が見られた人の中では、飲み始めた頃に吐き気の症状が見られる人が多いです。他に副作用として考えられるのが、不正出血・胸の痛み・頭痛・嘔吐などです。基本的には飲む周期が進むと体が慣れて副作用がさらに軽くなってくることが大半ですが、他の症状も改善しなかったり気になることがあれば医師に相談してください。

さらにピル全体の副作用として言えることですが、血栓症のリスクがあると言われています。血管内に血液が固まって血流が悪くなったり血管が詰まったりする病気です。血栓症の初期症状としては、ふくらはぎなど手足のむくみやしびれ・息切れ・激しい頭痛などで、このような症状が現れたらすぐに医師へ相談してください。

ただ、これら副作用の原因の一つに、正しい服用をしていないということが一つ挙げられます。用法用量を守ることがまずは絶対です。正しい服用をしなければ、避妊効果を得られないばかりか思わぬ副作用が出る可能性もあるからです。またトリキュラーを定期的に長期服用し続けている人は、定期健診をおすすめします。乳がんや子宮頸がん、血栓症など問題ないかを調べてもらいます。トリキュラーを服用している旨を伝え、血液検査などをおこなうことで未然に防ぐことも大切なことです。


笑顔女性

高い避妊率を誇るトリキュラーは、いまなお人気の低用量ピルの一つです。目的に合った効果が見られるように、正しい服用方法を守りましょう。継続的に服用が必要なケースがほとんどだと思いますが、ずっとピルを飲み続けるのであれば、少しでも安く手に入れたいものです。また、デリケートな問題なのでできるだけ誰にも知られずに購入を希望している方も多いと思います。通販は全てが自己責任ということを頭に入れ、ぜひインターネットを活用し通販からお得に楽に購入することをおすすめします。