ピルの服用継続で卵巣がんを予防することができます!また、子宮体がんや子宮内膜症の予防も可能です。

ピルで卵巣がん予防

ピルの効果は避妊だけとは限りません。月経痛や月経前症候群(PMS)が緩和されたり、ニキビや肌荒れが改善されることもあります。中でもピルを使うことで卵巣がんが予防できることをご存知でしょうか?

卵巣がんとは?

ピル 卵巣がんは、子宮の左右にある卵巣で発症するがんです。Silent Cancer(沈黙のがん)と言われ、本人に自覚症状がなく下腹部の圧迫感やしこり、尿意などの異変を感じ、病院に行ったときにはがんが進んでいるのが特徴です。自覚がある場合はすでに進行しているということです。患者の約9割がステージⅡ以上の進行がんで発見されることが多いというデータがあります。

発症の年代は、40代から徐々に増加し50~60代がピークです。原因は未だしっかりと特定されていないですが、遺伝や過去の乳がんや子宮内膜症の病歴の有無が関係しているとされています。また、妊娠・出産を経験していない人、そして初潮が早く閉経が遅いという生理の回数が多い人は卵巣がんのリスクが高いとされています。

卵巣がんを発症すると、悪性の場合は卵巣を摘出しなければいけなくなります。将来妊娠を希望する場合は、がんが見られた片方の卵巣のみ摘出ということもありますが、卵巣や卵管を全摘出することも少なくありません。それは子供を産む可能性をゼロにしてしまうということです。妊娠を希望している女性にとって、全摘出はダメージがかなり大きいことでしょう。

また、この卵巣がんは再発率が高いことでも知られています。一度治癒してもそのうちの約半数が数年以内で再発すると言われます。ちなみに、発症後5年後の生存率ですが、ステージⅠからⅣまでの患者全員の約6割となっています。死亡率は決して低くないがんになります。

ピルと卵巣がん予防の関係

近年、日本では卵巣がんの患者数が増加しています。注目すべきは、先進国の中で卵巣がんが増加しているのは日本くらいだという点です。なぜ卵巣がんが日本だけ増加しているのでしょうか?

実は、それがピルの使用との関係が少なからずあるということが国際的な学術論文誌「Lancet」で発表されました。それは、21ヶ国23,000人以上の女性を対象に調査され、ピルを長い期間常用するだけ卵巣がんの発症が抑えられているという結果です。以下の「ピルの服用期間と卵巣がんの発症リスク」一覧をご覧ください。

ピルの服用期間 卵巣がんの発症リスク減少率
1年 約5%減
5年 約30%減
10年 約40%減
15年 約50%減

全世界では約1億人がピルを服用していると言われています。それに対し、日本では約1%の非常に低い普及率。このデータに基づくと、卵巣がんの発症率が高い国はピルの普及率が低いということがわかります。

卵巣は排卵のたびにたくさんのストレスを感じ、それが卵巣がんに繋がってるのではないか?という見解が近年は非常に増えているのが実態です。なぜ、ピルが卵巣がん予防に効果的なのか?それはピルを使用すると人工的に排卵が抑制されるからです。毎月生理のたびに排卵が起こり、排卵のたびに卵巣に負担がかかります。排卵が起こらなければそれだけ卵巣が守られることになります。よって、卵巣を休ませることができがん細胞への変異を防ぐことができるからです。

生理と卵巣がんの関係

頭を抱える女性 生理のたびに排卵が起こり負担がかかる。これによって、卵巣がんのリスクが増えるわけですが、そうなると当然ながら生理の回数も卵巣がんとの関係性があることになります。

ちなみに、戦前の日本の女性は、現在よりも多くの出産を経ているため、平均の生涯生理回数は約40回と言われています。それに対し、現代の平均生涯生理回数は約10倍の400回と言われています。初潮年齢が早くなったこと、晩婚や晩産化、さらには子供を産まないという女性が増えたことによる少子化の現代では、それだけ生理の回数が増えていくわけです。戦前の女性と現代の女性を比べると、生理の増加数と卵巣がんの発症率も比例しています。生理のたびに卵巣はストレスを受け傷ついているのがおわかりかと思います。

さらに、妊娠中は排卵が起こりません。排卵がないため、卵巣がんのリスクは軽減します。子供を3人産むということは、ピルを5年飲むのと同等の効果があるとさえ言われているくらいです。出産も卵巣がんと関係があるのです。

ピルを飲むことで卵巣がんの予防が可能になりますが、日々の生活を見直すことも予防に繋がります。和食を中心とした野菜を多く使ったバランスの取れた食事、そして食べ過ぎず腹八分を心がけることは重要です。睡眠時間もポイントで、1日7時間以上の睡眠が望ましいです。ある研究では睡眠時間が6時間未満の人の方が、卵巣がんのリスクが高まると報告されています。他にも喫煙や過度の飲酒をしている方は、少しずつ控えるようにしていきましょう。生活の中のちょっとした意識を変えること、そしてピルの服用で病気を防ぐことができます!ピルの値段は安く求めやすいものが多数あります。予防を考え一度試してみるのもいいでしょう。

子宮体がんとは?

子宮がんは大きく分けると、「子宮頸がん」と「子宮体がん(子宮内膜がん)」の二つに分類されます。子宮頸がんは子宮入口(子宮頸部や頸管の上皮)から発生したがんで、子宮体がんは子宮内部(子宮内膜)から発生したがんです。同じ子宮のがんでも、この二つは全く違うものであると理解してください。治療方法も異なってきます。

このうち、子宮体がんはピルで予防できるとされています。WHO(世界保健機構)が1992年に公表しています。卵巣がん同様、ピルを長く服用した人ほど子宮体がんのリスクが減少するというデータがあります。10年以上服用した人は約70%以上リスクが減少します。また、ピルを止めてもその効果は20年以上は継続するようです。

これらはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの影響が大きいと言われています。エストロゲンは生理の周期に合わせて子宮内膜の再生と増殖を促します。その刺激が子宮内膜の細胞をがん化させる可能性があるとされています。このエストロゲンは肥満により分泌量が増えるので注意が必要です。エストロゲンだけですと子宮体がんになりやすくなるのですが、ピルはプロゲステロンがセットになっているため逆に予防になるのです。

プロゲステロンは子宮内膜の増殖を防いでくれます。この二つのホルモンバランスが悪いと子宮内膜が十分に剥がれず、残った古い内膜がだんだん重なり分厚くなり、がん細胞の温床になってしまいます。しかし、プロゲステロンによってきれいに内膜が剥がされるため、子宮が厚くなることはありません。厚くなる前に生理が起こるので、出血量が減少し生理痛が軽減されるというメリットもあります。

現在日本で急増している子宮体がん。しかも、30代が増えているように若年化しています。ぜひ卵巣がんなどと同様にピルを常用することでホルモンバランスを整え予防してください

子宮内膜症とは?

卵巣がん同様、急増しているのが子宮内膜症です。子宮内膜症も生理の回数が多いだけ発症しやすい病気です。卵巣が傷つくことで子宮内膜症の発症率も増加するわけです。その子宮内膜症もピルで治療や予防が可能です。卵巣がん予防の考え方と同じで、ピルによって排卵が起こらなくなるからです。

子宮内膜症とは、現在の日本人女性の約10%が発症していると言われている病気です。子宮の内側にしかないはずの子宮内膜が、卵巣・腹膜・子宮と直腸のくぼみなど子宮以外の場所で増殖と剥離を繰り返す病気です。これによって、炎症や癒着をおこし痛みが出ます。卵巣にできたものを卵巣チョコレートのう胞と呼びます。これは、一部が卵巣がん化すると言われているので、定期的な検診が必要となってきます。ただし、がん化する割合は約1%と言われています。

さらには、子宮内膜症が不妊の原因とも考えられています。命を落とすという病気ではありませんが、ただがん化する可能性はゼロではないですし、生理がある間は痛みなどに悩まされることになります。また、それだけでなく、生理回数が増えることで子宮内膜症も増えると、それを介して卵巣がんも増加するという図式があります。生理の回数と卵巣がんの発症率も比例するわけです。

その他の婦人科系がんは予防できる?

医者 上記の子宮頸がんや乳がんと言った婦人科系のがんに関しては、副作用としてリスクがかなり低い割合ですがあります。ピルを飲んでいない人に比べ、子宮頸がんは約1.3倍、乳がんは約1.24倍リスクが高くなるというデータがあります。

なぜ子宮頸がんのリスクがあがるかというと、子宮頸がんはHPVの感染によるものがほとんどだからです。ピルを長期飲むことで、このウイルスを増強させてしまうと解明されています。また、乳がんはピルに含まれているエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが、乳腺細胞を刺激することで発がんしやすくなるという理由です。

このように、わずかなリスクもありますが、大きなメリットもあります。乳がんや子宮がんは他のがんに比べたら生存率の高いがんです。そして、卵巣がんや子宮内膜症が50~70%のリスク軽減をさせることができるというメリットがかなり大きいので、ピルを勧めることができます。念のため、乳がんや子宮頸がんの定期健診は受診しましょう。