ピルの服用で低血圧が改善することもあります!しかし、高血圧の方が服用すると更に血圧が上昇するため注意が必要です。

ピルと低血圧

背伸びする女の人 ピルの値段や効果は様々ですが、副作用として血圧を上げる作用があります。
そのため、ピルと血圧について知りたい女性は多いのではないでしょうか?

日本の女性は低血圧な方が多いため、ピルを服用しても問題ないのだろうかと疑問を持っても不思議ではありません。
ピルは血圧にも関係しています。
ピルに含有される卵胞ホルモン(エストロゲン)が原因となり、血圧が上がると考えられています。
卵胞ホルモンが増加すると、血圧上昇物質である「アンジオテンシノーゲン」も増えるとされていますが、卵胞ホルモンと血圧上昇については、未だ分かっていないことも多く正確な情報はありません。

今まで低血圧だった女性が、ピルを服用すると低血圧の薬が不要になることが多々あります。
服用前と服用後の自分の血圧の変化は、きちんと確認するようにしておきましょう。

反対に、高血圧の人がピルを服用すると更に血圧が上がってしまいます。
そのため、服用の際には血圧のコントロールが重要です。

WHO(世界保健機関)が定める基準では、上の血圧が140以上・下の血圧が85以上の人は高血圧とされるためピル服用後の血圧の変化に注意しなければいけません。
もしも、上の血圧が160以上、下の血圧が100以上になった際には、降圧剤を使用しましょう。

ピル以外の低血圧改善法

低血圧の多くは治療を必要とはしませんが、低血圧からくる倦怠感やふらつき、めまいなどの症状はとても辛いです。
ピルを服用することで、低血圧の症状が改善されることがあります。
またピルの服用以外にも、生活の中で以下のような低血圧の対策を行うことも重要です。

■規則正しい生活
まずは、規則正しい生活を意識しましょう。
早寝早起き、1日3回の食事でバランスよくエネルギー摂取を行いましょう。
また、普段体を動かすことに慣れていない人は運動することも低血圧の改善に繋がります。
他にもミネラル、タンパク質、塩分、ビタミンを積極的に摂取するようにしましょう。
タンパク質は主に卵や乳製品、大豆製品、魚介類に含まれていて、中でも特にチェダーチーズには血圧調整の成分が含まれています。
食事以外にも、低血圧の女性のアルコール摂取は勧めません。
アルコールには血圧上昇の働きがあると思いがちですが、血圧は下がってしまいます。
そのため、アルコールの摂取には気をつけましょう。

■入浴とマッサージ
また、入浴時にマッサージをすると低血圧の改善に繋がります。
少し熱いと感じるお湯に肩までつかるか、起床後すぐにシャワーを浴びると血流が良くなります。
その際にマッサージも行うとより血行が改善されます。
低血圧でお悩みの方は足先が冷たいことが多いですが、お風呂の中や入浴後にマッサージをすると血液の巡りがよくなるとともに心もリラックスができるため一石二鳥です。

■水分補給とカフェイン摂取
血圧と水分量には深い関わりがあります。
毎日、こまめに水分を摂取するようにしましょう。
水分を摂取してから、5分も経てば血圧は上がりはじめます。
また、カフェインは血圧を上昇させます。
そのため水分以外にもコーヒーを摂取することもお勧めです。
どうしてもコーヒーが苦手という方は、紅茶や緑茶を飲んでみましょう。
カフェインは交換神経に作用し、血液循環を改善する働きがあります。


ピルの服用で低血圧が改善することもありますが、ピルはあくまでも避妊効果を得る薬です。
低血圧の改善を考えているならば、食事や生活面から改善していくことも考えましょう。
そして、猛暑や人混みは症状を悪化させる場合があるため極力避けるように努めましょう。
立ち上がったり、起き上がったりする動作で、立ちくらみを感じる場合はゆっくり動くようにしましょう。
めまいを感じたら、無理せず症状が収まるまで座っておきましょう。