低用量ピルを使えば旅行と生理が被らないよう調整できます!予定に合わせた使い方を学びましょう。

低用量ピルで旅行も安心!

旅行バックと女性 大事な友達との旅行に生理が被って気分が落ち込んだ、せっかく待ち望んでいたのに気になって楽しめなかったという経験はありませんか?
生理は女性にとって妊娠をするために、欠かせない働きですが身体に負荷が掛かるほか予定が狂うケースもあります。しかし、低用量ピルを使用すれば旅行も安心して楽しむことができます。
多くのピルの値段は安いため、万全の体調で臨みたいときだけの使用目的で購入するのもオススメです。

低用量ピルで自分の都合に合わせて生理日を移動させるのは簡単です。
方法は2つで生理日を早めるか遅らせるかの方法があります。

生理日を早める

時計 生理を早めたい場合は生理開始から5日目、遅くても7日目迄に服用を開始し、早めたい日迄飲みます。
すると服用後1~3日で生理がきます。
早めの服用が必要なため、調整したい生理がくる前の周期にはピルを用意しておかなければいけません。最低でも10~14日飲まなければ成功しないリスクが高まるため、気をつけましょう。
一般的に、遅らせる方法と比べると早める方を選択する女性が多数です。
それには、きちんと理由があり1つ目はきちんと予定に合わせてずらすことができれば、本来の生理を避けたい日には薬を飲まずに済むことが挙げられます。
そうすれば、面倒くささやうっかり飲み忘れることはありません。他にも吐き気・頭痛の副作用に悩まされるリスクが減ります。

また、2つ目の理由は出費が抑えられるからです。
日頃から薬を愛用している人であれば、新しいシートを準備せずに早めることができます。そのため、経済的に助かることとなり選択される機会が多いです。

生理日を遅らせる

ノート 遅らせる場合、期間を延ばすのに限度があります。
うまく引き延ばせても10日前後が目処で、継続して飲んでおけば生理はこないという認識は誤りです。
続けて飲むと、消退出血という女性ホルモンの分泌が減少することで起こる出血が訪れます。生理の場合であっても、子宮内膜が剥がれて出血する点において変わりはありませんが、「自然」か「人為的」であるかで違いがあります。
消退出血は、薬で人為的に出血が起こります。このような状態に陥らないようにするためには、十分な時間を確保しましょう。時間が限られていると、遅らすことができずに失敗することもあります。

気になる方法は、生理予定日の5~7日前から服用を開始し、遅らせたい期間継続して薬を飲むだけです。
飲むのをやめれば、およそ1~3日以内に生理が訪れます。飲み続けなればいけないという点から、飲み忘れに注意しなければいけません。
また、注意点があり服用から2週間以上経つと破綻出血と呼ばれる不正出血が起こるリスクが高まります。

低用量ピルは求めやすく、旅行に合わせた使い方もできます!
避妊に限らず、楽しみにしていた予定を最高な充実した1日にするために使ってみましょう。普段から愛用している方が生理日を調整しても避妊効果はそのままです。