ヤスミンはホルモンバランスの乱れが原因の体重増加を起こしにくい薬です。

☆ヤスミンってどんな薬?

ヤスミン 低容量ピルは、避妊効果が高いだけでなく、ホルモンバランスを整える効果があるため、生理不順を改善したり、更年期障害の症状を緩和する働きがあります。
低容量ピルのヤスミンは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる体重増加が少ないのが特徴になっています。
他の医薬品に比べると、顔や体のむくみやニキビや吹き出物などが出来にくいので、安全性が高くなっています。

服用の方法は、生理が開始したら一日一錠を服用して、21日間決まった時間に毎日服用して下さい。
その後は7日間の休薬期間を取るようにします。
薬を飲み忘れたり、次の薬を服用するまでに36時間以上経過すると、避妊効果が低下するため、他の方法で避妊をするようにして下さい。

低容量ピルのヤスミンは、国内の薬局では販売が禁止されているため、処方をしてもらうためには、医師の問診や診察を受ける必要があります。
医療機関では、薬は保険適用外になっているため、高価になっていますが副作用が心配な場合は、医療機関で処方を受けたほうが安心です。

海外医薬品のインターネットのお店では、個人で使用するには購入しても問題ないので、ヤスミンを購入することができます。
医療機関の処方箋が必要なく、安価で購入できますが、持病のある方は医師の許可を得ておく必要があります。

低容量ピルのヤスミンでよく見られる副作用に、不正出血があります。
薬を飲み忘れると出血しやすくなりますが、長く続く時は医師の診察を受けたほうが安心です。
頭痛や吐き気、乳房のはりなどの副作用が見られる場合がありますが、健康な人の場合はあまり問題ないことが多くなっています。
ヤスミンは、安全性が高く副作用が比較的少ない医薬品ですが、腎臓病や肝臓病などの持病のある方は医師に相談をするようにして下さい。

低容量ピルを服用することで、生理不順が改善されることが多く、生理日を予測しやすくなる効果があります。
40代を過ぎてほてりやのぼせ、いらいら、不眠などの更年期障害の症状が見られる場合は医師に処方をしてもらうと辛い症状が緩和する効果もあります。
ピルは、毎日きちんと服用をすることで望まない妊娠を避けることができる経口避妊薬です。
最近は、非常に優れた医薬品が開発されているので、生活に取り入れることで大切な体を守る事ができます。