低用量ピルの副作用として男性化の症状があります。気になる人はピルを変えてみてください。

男性化

ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンを補っています。にも関わらず、男性化の症状が出る場合があります。ピルに含まれているエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンのうち、黄体ホルモンの作用によってアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが活性化することで男性化の症状が出てきてしまうのです。

ピルと男性化の関係

悩む女性 現在の低用量ピルは、卵胞ホルモンの量がギリギリまで抑えられていて、かつ効果の高い優れた黄体ホルモンが開発されてきています。それにより副作用が相当減ったわけですが、逆に黄体ホルモンの影響によってアンドロゲン作用(男性化)が出てきてしまうことがあります。

通常は女性ホルモンがアンドロゲン作用を抑えることになるわけですが、実際には卵胞ホルモンが多く分泌され、また逆に黄体ホルモンが多く分泌されたりと、人によってホルモンバランスはまちまちです。場合によっては、黄体ホルモンの作用によってホルモンのバランスが崩れ敏感に察知してアンドロゲン作用が出やすいケースも中にはあります。

女性の体内のプロゲステロンとアンドロゲンはそれぞれの受容体が似ています。ピルに含まれる人工プロゲステロンは本来なら体内のプロゲステロン受容体と結合するのが一般的ですが、似ているため間違えて男性ホルモンのアンドロゲン受容体と結合してしまうことがあります。そのためアンドロゲンが働き、男性化の症状が出てきてしまうのです。

男性化の症状

主な症状としては、まず食欲が増すことで体重が増えることがあります。ピルを飲むことで太るのではなく、食欲が増進されその結果体重が増えるケースがほとんどです。さらには、男性ホルモンのため、体重が増えるだけでなく筋力が増すという効果もあります。逆に、筋力が増えるため体重が増えるということも言えます。

また、一つの男性化の特徴であるニキビや多毛です。アンドロゲンは皮脂腺を発達させる働きがあるため、男性ホルモンが増えるとどうしてもニキビやムダ毛が多くなってきてしまうのです。

男性にも女性ホルモンが内在しているように、実際女性にも多少の男性ホルモンが内在しています。男性の1/20程度男性ホルモンがあると言われます。そのため、男性ホルモンが微量でも増えると、男性的な症状が出てくるのです。

黄体ホルモンにデソゲストレルを使った第3世代ピルが、プロゲステロンの活性が高くアンドロゲンの活性が低く作られています。もちろん高い避妊効果も期待することができます。