40代でもピルを処方してもらうことはできますが、血栓症が起こるリスクが高まるため注意が必要です!

40代とピルの関係

避妊に限らず生理痛の軽減や生理周期の変更などいろいろな目的に使用できる低用量ピルですが、40代の人へ処方を断っている病院もあります。低用量ピルは妊娠の可能性が高い世代に主に服用されますが、ピルの値段は手ごろで、さまざまなピルの効果を期待できるにもかかわらず、40代を迎えたら服用は控えた方がいいのでしょうか?

40代でピルを使用するリスク

電話する女性 ピルは女性ホルモンで、卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンが含まれています。エストロゲンの影響で血液が固まりやすくなり、プロゲステロンの影響で悪玉コレステロールが増えたり、糖の代謝異常によって動脈硬化を引き起こしやすくなります。また、体内にはピルを飲むと血液を固めるフィブリノゲンやプロトロンビンなどのたんぱく質成分が増加し、血液を固めないようにするアンチトロンビンやプロテインSなどのたんぱく質成分が少なくなります。

これらの要因により血管内で血液が固まりやすくなり血栓症になりやすくなるのです。その血栓症の可能性が40代以降になると高まるため、40代になるとピルの服用に注意を払わなければいけなくなります。日本産科婦人科学会のガイドラインのデータでは、血栓症の可能性が「40代前半のピルを服用している人は約5倍、40代後半のピルを服用している人は約6倍に上昇する」ことが報告されています。それが40代でピルを使用するリスクです。病院では40代に入ってしまうとピルを処方してくれないところと、45歳くらいまで処方してくれるところがあるようですが、病院によってボーダーラインが違うようです。

血栓症の症状とその確率

頭痛女性 もちろん全ての年代で血栓症の可能性はあり、また本来、妊娠や出産においても血栓のリスクはありますが、ピルは妊娠や出産よりも血栓症の可能性が低いのです。これに関しては、日本産科婦人科学会の見解が公表されています。しかし、女性の場合は月経が止まりずらくなるなどの問題が起こり、わずかな確率でも血栓が他の場所で起こる可能性もゼロではないため、40代の処方は原則断っている病院があるのです。

まず血栓症が疑われる症状ですが、ふくらはぎ痛・むくみ・手足の痺れから頭痛・腹痛・胸痛・視覚障害(視野が狭い)・言語障害(舌のもつれ)などです。ふくらはぎの痛みやむくみは片足だけ症状が出る場合がほとんどです。肺まで血栓が到達した場合は、肺塞栓症によりかなりの胸の痛みや息苦しさがあらわれます。これらの症状があらわれたら、ピルの服用は止め医師に相談してください。

血栓症になる確率ですが、死亡率は10万人に1人以下とかなり低い確率です。また、血栓症になったとしてもきちんと治療すれば治る病気です。ちなみに血栓症は、服用を始めて3ヶ月くらいの間に発症する確率が高いというデータがありますが、その確率はピルを服用している人の0.002%未満とかなりの低い確率です。長く服用していれば、その確率はさらに約1/3~1/2に減少します。

また血栓症の発症リスクが高くなるのは、高齢者・喫煙者・肥満の人です。「タバコを現在吸っている人は血栓症のリスクが約9倍」になると言われ、「BMI数値が30以上の人は血栓症のリスクが約5倍」になるデータもあります。さらには、高血圧の人・家族で血栓症になった人がいる場合も発症リスクが高くなります。該当する人は服用に十分注意してください。年齢問わず、ピルを服用できない人の条件は全員同様です。

ちなみに、緊急避妊薬アイピルは、卵胞ホルモンであるエストロゲンが含まれていないため、血栓症のリスクはありません。ただ、これは連続服用をすると重篤な副作用が起こる可能性が高いため、以下のような更年期の症状を緩和させる目的では使用できません。

 ※緊急避妊薬「アイピルの詳細」はこちらから

更年期や閉経後のピル服用

クエスチョンマーク女性 イライラやほてりなどの症状が見られる更年期。重い場合は日常生活に支障をきたす人もいます。更年期症状の多くは女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって起こる場合が多いです。生理が終わりに近づくと、ホルモン量は減少しホルモンバランスが乱れることであらゆる不調が表れます。

日本人女性が閉経を迎える年齢は50歳が平均とされ、個人差がありますが45歳~55歳の間が更年期と呼ばれる時期になります。症状を緩和するために効果のあるピルを服用したいところですが、40代からは血栓症のリスクが高まるので服用することに躊躇する人が多いと思います。

ただ、近年では30代後半から更年期に似た症状を訴える女性も増えてきました。日常生活に支障をきたすわけではないけれど、何かしら体の不調を訴えている女性。いわゆるこれがプレ更年期です。女性の社会進出でストレスや食生活の乱れなどからくる体調不良などによって、更年期の年代が少しずつ若年化してきています。低用量ピルは30代半ばから40代半ばでプレ更年期の症状が出ている人の服用は効果的なのです。生理痛・月経前症候群・不正出血・自律神経失調症などの症状に対してです。

また、更年期前から低用量ピルを服用している人は更年期への女性ホルモンの減少をゆっくりにしてくれることがあります。更年期障害の予防という意味で30代以前から服用するのも一つかもしれません。

閉経後に服用し続けると逆にホルモン過多となり、血栓症だけでなく乳がんや子宮がんなど婦人科系の病気発症率も高まる可能性があるため、ピルの服用は止めてください

HRTとピルからの切替時期

扇ぐ女性 ピルの代替薬としてホルモン補充療法(HRT)が行われます。この方法は、体内で減っていく女性ホルモンを薬で補充し減少したホルモン状態に身体を合わせていく方法です。飲み薬だけでなく、貼り薬や塗り薬もあります。ピルとの違いは女性ホルモンの含有量に違いがあるこという点で、ピルよりも女性ホルモン量をかなり減らし必要最小限にしています。ピル同様ホルモンバランスを整える働きがあるのがHRTです。また、子宮体がんなど他の疾患を防ぐためにプロゲステロンも併用するのが原則です。この量がピルよりも少ないため副作用のリスクが減るわけです。

HRTの期待される改善効果は、ホットフラッシュ(多汗・ほてり・のぼせ)・頭痛・めまい・肩こり・動悸息切れ・睡眠障害・関節節・抑うつ・肌荒れのなどの改善から、骨密度の増加・抗酸化作用・大腸がんリスク低減・認知症リスク低減・心臓血管系疾患リスク低減などにいたるまで幅広くあります。

ピルは基本的に妊娠出産世代が服用する薬です。40代に入り初めて服用するのであればピルではなくHRTが一般的です。30代以前からピルを飲み続けている人は、40代中頃がHRTに切り替えるベストな時期と一般的に言われています。HRTへの切り替えは、低用量ピルを1週間休んでホルモン量を測定します。閉経が近いかを確認したうえで医師と相談をして始めることが無難です。

事前の副作用チェック

副作用の血栓症や血管障害などを未然に防ぐために、病院にて副作用チェックもありますのでぜひ活用してみてください。どうなのか?悩んでいる前に、検査をすることでかなり不安要素は少なくなると思います。

基本の流れですが、まず服用開始前に「OCチェックシート(服用禁忌などのチェック)」「OCスクリーニング検査(血液検査)」「血圧測定」をします。OCスクリーニング検査は、服用開始後約3週間目を目安に再診で再度行い、さらに以後1年ごとに行います。具体的には、貧血・血小板・血液凝固機能・肝機能・腎機能・脂質などを血液検査します。ここで異常が見られたらピルの使用は控えた方が無難です。

日常生活の改善

コップの水 普段の生活から改善できることもあります。まずは水分を多く飲むことです。ここで言う水分はコーヒーやお茶ではなく水のことです。体内の水分が足りなくなるとどうしても血液がドロドロになってきますので、水をしっかり飲む必要があります。

食事の見直しも重要です。血圧・コレステロール値・血糖値を常に意識するような食事を心がけてください。血液をさらさらにするような内容をコンスタントに摂ることが大切です。これをしっかり管理することで血栓症発生リスクがかなり減少するとアメリカ心臓協会も発表しています。

また、長距離のフライトなど同じ姿勢を長時間とることも避けてください。血栓になりやすいため、座りながら部分的にでも動かす習慣をつけてください。病院での手術の際に使うことが多い弾圧ストッキングも効果的です。



ピルを服用することで血栓症の可能性は上がりますが、元々血栓症になる確率は非常に低いため過剰に心配することもありません。40代を迎えたらまずは日々の体調の変化に目を向け、コンスタントに血液検査などをすることで血栓症のリスクを下げる方法もあります。不安が少しでもあれば医師に相談してください。