40代でもピルを処方してもらうことはできますが、血栓症が起こるリスクが高まるため注意が必要です!

40代はピルを処方してもらえない?!

女性 避妊に限らず子宮外妊娠や不妊のリスクを軽減するピルは値段も安く重宝しますが、40代への処方を断っている病院もあります。
10代、20代、30代など妊娠可能性が高い世代に主に服用されますが、40代を迎えたら飲むのは控えた方がいいのでしょうか?
もしも控えるべきなら、その理由は何でしょう?

そもそもピルは女性ホルモンで、エストロゲンやプロゲステロンが含まれています。
ホルモンの量の違いで高・中・低用量と分かれていて、飲むとホルモン量が調整され体調も安定します。
しかし、40歳以降になると重大な副作用である血栓症の危険性が高まり、服用に注意を払わなければいけません。本来、妊娠や出産においても血栓のリスクはありますが、ピルはそれよりも可能性が低く安全な薬であることは間違いありません。
安全で起こる確率は稀であっても、1度血栓ができてしまうと血管のあらゆる場所で血栓が起こるようになります。

そうなると、治療に多くの時間を割き出費も重なります。また、治療薬で使われる血栓溶解剤は血が固まる作用を抑えるため、怪我の場合などに出血が長く続いてしまいます。女性だと月経が止まりずらくなり、とても厄介です。
それらの理由から40歳代の処方は原則断っている病院があります。

しかし生理が終わりに近づくと、ホルモン量は下降しあらゆる不調が現れます。
日本人女性が閉経を迎える年齢は50歳が平均とされ、45歳~55歳を更年期としています。ほてりやイライラが発現することがあり、悪化すると日常生活に支障がでます。

そこで代替薬としてホルモン剤を使いホルモン補充療法(HRT)が行われます。
この方法は、体内で減っていく女性ホルモンを薬で補充し減少したホルモン状態に身体を合わせていく方法です。ホルモン補充療法は、身体に必要最低限のホルモンを補うことが目的です。避妊目的でも、ピルにはホルモンが含まれるため違いが理解できない・・・と疑問を抱く方がいてもおかしくありません。

しかし含有量に違いがあり、原料にも違いがあるケースがあります。
ホルモン補充療法で使われる薬は自然のものを使用したのが多数で、避妊目的で使用されるピルの多くは合成されたものを使っているケースばかりです。そのため更年期を迎えたら、そのままピルを継続して飲むのは控えるべきです。
ホルモン量の多い薬を続けて飲むと、ホルモン過剰となり血栓症以外にも乳がんのリスクも上がります。

ホルモン補充療法に切り替えるベストな時期は40歳代中盤です。
しかし、閉経が近いのかどうかは各々異なります。確認方法は様々で、以下のような方法があります。

  • 基礎体温の変化
  • ホルモン検査
  • 閉経年齢
  • 血清AMH
  • 膣内PHバランス
  • 排卵検査
閉経が近くなると基礎体温の高温期が欠如したり、期間が短縮します。
理由は無排卵性月経といって、月経があっても排卵をしていない状態が増えるからです。
これは排卵検査薬で正確にチェックできます。
2009年の薬事法の改正で排卵検査薬は、医療用医薬品に定められネットやドラッグストアでは購入が禁止されていました。しかし、2016年から第一類医薬品に変わり通販で買うことができ、ロート製薬や武田薬品工業など、大手製薬会社が販売しています。
他にも更年期障害の有無で、閉経が近いのか予測できます。
今まで何事もなかった月経に、周期の変化や出血量の変化が現れたら更年期障害の兆候の可能性があります。血清AMHとは、不妊治療にも使われる指標で測定することで卵巣年齢や卵子の数が分かります。

ピルの値段は求めやすく使いやすいですが40代を迎えたら1度、上記に挙げた確認方法や日々の体調の変化に目を向けましょう。そのまま使い続けるのか、もしくはホルモン補充療法に変えるのかきちんと見極めたい方であれば医師と相談し、処方してもらいましょう。