40代でもピルを処方してもらうことはできますが、血栓症が起こるリスクが高まるため注意が必要です!

■40代でピル使用のリスク

避妊に限らず子宮外妊娠や不妊のリスクを軽減するピルは値段も安く重宝しますが、40代への処方を断っている病院もあります。10代、20代、30代など妊娠可能性が高い世代に主に服用されますが、40代を迎えたら飲むのは控えた方がいいのでしょうか?もしも控えるべきなら、その理由は何でしょう?

40代でピルを使用するリスクとは?

うつむく女性 そもそもピルは女性ホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれています。ホルモンの量の違いで高・中・低用量と分かれていて、飲むとホルモン量が調整され体調も安定します。しかし、40代以降になると重大な副作用である血栓症の危険性が高まり、服用に注意を払わなければいけません。
もちろん全ての年代で可能性はあるのであすが、最近のデータでは「40歳以上のピル服用でリスクが約6倍に上昇する」ことが報告されているようです。ピルに含まれるエストロゲンの作用が血液を固める=血栓を作る可能性があるのです。本来、妊娠や出産においても血栓のリスクはありますが、ピルはそれよりも可能性が低く安全な薬であることは間違いありません。ピルは安全で起こる確率は稀であっても、一度血栓ができてしまうと血管のあらゆる場所で血栓が起こる可能性がゼロではないということです。

そうなると、治療に多くの時間を割き出費も重なります。また、治療薬で使われる血栓溶解剤は血が固まる作用を抑えるため、怪我の場合などに出血が長く続いてしまいます。女性だと月経が止まりずらくなり、とても厄介です。 それらの理由から40歳代の処方は原則断っている病院があります。

ちなみに、血栓症が疑われる症状ですが、ふくらはぎ痛・むくみ・手足の痺れから頭痛・腹痛・胸痛・視覚障害(視野が狭い)・言語障害(舌のもつれ)などです。ふくらはぎの痛みやむくみは片足だけ症状が出る場合がほとんどです。

事前に副作用チェックは必要?

副作用の血栓症や血管障害などを未然に防ぐために、病院にて副作用チェックもありますのでぜひ活用してみてください。どうなのか?悩んでいる前に、検査をすることでかなり不安要素は少なくなると思います。
基本の流れですが、まず服用開始前に「OCチェックシート(服用禁忌などのチェック)」「OCスクリーニング検査(血液検査)」「血圧測定」をします。OCスクリーニング検査は、服用開始後約3週間目を目安に再診で再度行い、さらに以後1年ごとに行います。具体的には、貧血・血小板・血液凝固機能・肝機能・腎機能・脂質などを血液検査します。ここで異常が見られたら、ピルの使用は諦めてください。

更年期や閉経後にピルの服用は大丈夫?

クエスチョンマーク女性 更年期中はもちろん、閉経後の服用はできるだけ避けた方が無難です。と言うのも、更年期に服用すると子宮内膜増殖症や子宮筋腫の増大など、ホルモン系の病気発症率が高くなる可能性があるからです。また、閉経後に服用し続けると逆にホルモン過多となるため、血栓症だけでなく乳がんや子宮がんなど婦人科系の病気発症率も高まる可能性があるのです。

まずは一週間ほど休薬し閉経が近いかどうかの検査をしてみてください。その結果をもとに医師と今後の使用について相談してみてください。ちなみに、更年期中に閉経が近いのかどうかは各々異なります。確認方法は様々で、基礎体温の変化・ホルモン検査・閉経年齢・血清AMH・膣内PHバランス・排卵検査などがあります。閉経が近くなると基礎体温の高温期が欠如したり、期間が短縮します。理由は無排卵性月経といって、月経があっても排卵をしていない状態が増えるからです。これは排卵検査薬で正確にチェックできます。

2009年の薬事法の改正で、排卵検査薬は医療用医薬品に定められネットやドラッグストアでは購入が禁止されていました。しかし、2016年から第一類医薬品に変わり通販で買うことができ、ロート製薬や武田薬品工業など大手製薬会社が販売しています。他にも更年期障害の有無で、閉経が近いのか予測できます。今まで何事もなかった月経に、周期の変化や出血量の変化が現れたら更年期障害の兆候の可能性があります。血清AMHとは、不妊治療にも使われる指標で測定することで卵巣年齢や卵子の数が分かります。

ピル以外の更年期改善方法はある?

生理が終わりに近づくと、ホルモン量は下降しホルモンバランスが乱れることであらゆる不調が表れます。日本人女性が閉経を迎える年齢は50歳が平均とされ45歳~55歳の間が多く、その期間を更年期としています。悪化すると日常生活に支障が出ます。ピルを服用したいところですが、40代からは血栓症のリスクが高まるのでリスクが高くなってしまいます。

そこで代替薬としてホルモン剤を使いホルモン補充療法(HRT)が行われます。この方法は、体内で減っていく女性ホルモンを薬で補充し減少したホルモン状態に身体を合わせていく方法です。ピルとの違いは含有量に違いがあるこという点で、ホルモン補充療法の目的は女性ホルモンであるエストロゲンを必要最小限補充することです。他の疾患を防ぐためにプロゲステロンも併用されているのが原則です。この量がピルよりも少ないため、血栓症などの副作用のリスクが減るわけです。

期待される効果としては、ホットフラッシュ(多汗・ほてり・のぼせ)・頭痛・めまい・肩こり・動悸息切れ・睡眠障害・関節節・抑うつ・肌荒れのなどの改善から、骨密度の増加・抗酸化作用・大腸がんリスク低減・認知症リスク低減・心臓血管系疾患リスク低減などにいたるまで幅広くあります。

いつまでピルを飲み続けて大丈夫?

ピルは基本的に妊娠出産世代が服用する薬です。40代で初めて服用するのであれば、ピルではなくHRTが一般的です。では、30代からピルを飲み続けている方はいつ切り替えたほうがいいか?と迷うところです。明確な答えはありませんが、ホルモン補充療法に切り替えるベストな時期は一般的に40代中頃までにと言われています。

あくまでも目安ですが、ピルを卒業する主な状況としては、血栓症の疑いがあった時・月経量の減少・月経痛の軽減・血圧上昇(恒常的に140/90mmHg以上)・急激な体重増加・休薬中の更年期症状などです。女性ホルモンの動態は個人差が大きいため、一度止めた後の症状は人によってまちまちなのです。ただ、低容量ピルは「女性ホルモンの含有量が少ない」という意味なので、30代半ばから40代半ばのプレ更年期の症状が出ている人には有効なのです。

ピルの値段は求めやすくそして使いやすいのですが、40代を迎えたら一度上記に挙げた確認方法や日々の体調の変化に目を向けた方がいいようです。「低用量ピル」の場合は副作用が他のピルに比べると少なめで、現在の症状に有効な方もたくさんいますが、コンスタントに血液検査などをすることで血栓症のリスクを下げる必要もあります。 そのまま使い続けるのか、もしくはホルモン補充療法に変えるのかきちんと見極めたい方、また不安が少しでもあれば医師に相談し処方してもらうのが大切です。